ベイブルース ~25歳と364日~

ベイブルース ~25歳と364日~

ベイブルースニジュウゴサントサンビャクロクジュウヨッカ

2014年10月31日(金)公開 / 上映時間:120分 / 製作:2014年(日本) / 配給:よしもとクリエイティブ・エージェンシー

(C)2013『ベイブルース ~25歳と364日~』製作委員会

解説 1994年に25歳の若さで亡くなった漫才コンビ“ベイブルース“の河本栄得。本作は相方の高山トモヒロが河本について書いた小説を基に、自らメガホンを執り映画化した人間ドラマ。波岡一喜が高山を、趙たみ和が河本に扮し、天才とも悪童とも評価された河本が何を目指しどんな笑いを求めて生きたのか。その短くも濃厚な人生を鮮やかに描き切る。

ストーリー 河本栄得は相方の高山知浩とともにNSC7期生として、雨上がり決死隊、トゥナイトのなるみらと机を並べた。卒業後はコンビ名を“ベイブルース“と改め、新人賞を次々と獲得。歌手としてCDリリースも決まるなど、将来を嘱望される漫才コンビとなっていく。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)