映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

アシュラ(2012年)

アシュラ(2012年)

アシュラ

解説

1970年代、有害図書として発禁問題を引き起こしたジョージ秋山による漫画『アシュラ』を映画化。産後すぐに親に捨てられ、本能の赴くままケダモノのように生きてきたアシュラが、ある少女との出会いを皮切りに徐々に変化していく様が描かれる。『鴉 -KARAS-』を監督したさとうけいいちが、水彩画をCGで動かす技術を用い、その壮絶な運命を綴る。

ストーリー

15世紀半ばの京都。世は、洪水や飢饉に続く応仁の乱の勃発により地獄絵図と化していた。そんな中、生まれたアシュラは、すぐに親に見捨てられ、ケモノのように必死にあがいて生きていた。そんなあるとき、アシュラは一人の少女・若狭と出会う。

2012年9月29日(土)公開 / 上映時間:75分 / 製作:2012年(日本) / 配給:東映

(C)ジョージ秋山/アシュラ制作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー