魂を握り潰した男

魂を握り潰した男

タマシイヲニギリツブシタオトコ

2011年11月12日(土)公開 / 上映時間:95分 / 製作:2011年(日本) / 配給:神宮前プロデュース

(C)株式会社神宮前プロデュース

解説 劇団クラゲ荘で活躍してきた演出家・前田万吉が、同名舞台劇を映画化。ひょんなことからあの世行きになったボクサーと、彼を投身自殺に巻き込んだ青年がたどる奇妙な運命を綴っていく。石川県能登町で撮影を行い、“生きる“というテーマをユーモラスかつファンタジックに描き上げた1本だ。

ストーリー 妊娠中の妻を愛する虎太郎は、ビル警備の仕事をこなしながらボクシングに情熱を注いでいた。ある日、勤務中に身投げしようとしている青年、拓を止めようとした虎太郎は拓とともに“三途の町“にたどり着いてしまう。しかも虎太郎は生前の自分を思い出せず……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)