人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女

人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女

ヒトノゼンイヲホネノズイマデスイツクスオンナ

2011年4月9日(土)公開 / 上映時間:61分 / 製作:2009年(日本) / 配給:コペンハーゲンシアター

解説 前作『機械人間、11号。』が水戸短編映画祭準グランプリをはじめ、数々の映画祭で賞を受賞した新鋭・加藤行宏監督作。『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』の主演女優・山田真歩が“人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女“にして、売れない部舞台女優のヒロインに扮し、ネットドラマ作りに奮闘する彼女の悲喜劇を展開する。

ストーリー 売れない舞台女優・真歩は、自らが主演するネットドラマの制作を企画する。目指すは10万アクセス。芝居仲間の牧野と共に、とある田舎町に旅立つ真歩だったが、撮影現場ではトラブルが続出。さらに、自分の隠していた秘密を牧野に知られてしまい……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)