にくめ、ハレルヤ!

ニクメハレルヤ

2010年6月26日(土)公開 / 上映時間:76分 / 製作:2006年(日本) / 配給:カプリコンフィルム=ブラウニー

解説 阪神淡路大震災当時、中学生だった板倉善之監督が、地震から10年後の神戸を舞台に、主人公・裕人の行動と共に大震災に向かい合った“記憶“を問う旅の物語。震災の面影を探し求めるように浮遊するカメラワークは、それとせめぎ合うように街の音を録音する裕人が少女・沙樹に妄執していく姿を生々しく捉え、国内外の映画祭で高い評価を得た。

ストーリー 10年前、阪神大震災で両親を亡くし、祖母と共に伯父の家に引き取られた青年・裕人。ある日、認知症が進行してきた祖母の口から、瓦礫の街の記憶、そこにサキという妹がいたことが語られる。そんな折り、裕人は街中で自分と似た境遇の少女・沙樹と出会う。

情報提供:ぴあ