映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

宿命のジオード

宿命のジオード

シュクメイノジオード

解説

鈴木早智子が麻薬取締官に扮し、凶悪な犯罪組織に立ち向かう姿を描くサスペンス・アクション。彼女のかつての恋人で、現在は過去の記憶をなくしている男を、原案者でもある津田英祐が演じ、共演には、悪の組織のボスに風間トオル、ほかデビット伊東など個性豊かな面々が顔を揃える。『恋人はスナイパー』の六車俊治が監督を務めダイナミックな演出を披露。

ストーリー

麻薬取締官の聖子は、ある事件現場で遭遇した男から“ジオード“という言葉を聞く。事件を調べるうちに、江里子という女性が浮上し、彼女を追うと大農場“松枝農園“に辿り着く。そこにはかつて聖子と恋人同士だった松枝がいた。だが、彼は記憶喪失で……。

2010年2月20日(土)公開 / 上映時間:103分 / 製作:2010年(日本) / 配給:スリー・ジー・コミュニケーションズ

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー