アブラクサスの祭

アブラクサスの祭

アブラクサスノマツリ

2010年12月25日(土)公開 / 上映時間:113分 / 製作:2010年(日本) / 配給:ビターズ・エンド

(C)「アブラクサスの祭」製作委員会

解説 福島の小さな町で妻と息子と一緒に静かに暮らすお坊さんの浄念が、かつてロック・ミュージシャンだった頃の情熱を思い出しライブをすることに! 浄念にはミュージシャンのスネオヘアー、その妻をともさかりえ、浄念を温かく見守る住職を小林薫が演じるなど、豪華キャスト。原作は福聚寺住職であり芥川賞作家でもある玄侑宗久氏の同名小説。

ストーリー かつてミュージシャンで、今では禅寺に勤めている僧侶の浄念。彼は音楽を愛するあまり、うつ病になり入院した過去を持ち、現在も薬を飲みながら闘病生活を続けていた。だが彼の中には音楽への強い想いが今だあり、周囲の反対を押し切りライブへの準備を始めるが……。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)