レディ・チャタレー(2006年)

レディ・チャタレー(2006年)

レディチャタレー
LADY CHATTERLEY

2007年11月3日(土)公開[R-18] / 上映時間:135分 / 製作:2006年(仏) / 配給:ショウゲート

(C)Maria Films - Saga Films Arte France Visa d'exploitation n° 110 132-Depot legal 2006 Tous droids reserves

解説 その過激な性描写ゆえ、日本ではかつて出版禁止を巡る裁判まで起こったD・H・ロレンスの小説『チャタレイ夫人の恋人』が再び映画化。戦争と革命の時代の中で、許されぬ愛によって生きる喜びを知るチャタレイ夫人の恋の物語を、11年振りの新作となるパスカル・フェランが手掛け、フランス映画界の最高賞セザール賞を5部門受賞している。

ストーリー 第一次世界大戦後、コンスタンスは戦争により下半身不随となった夫、チャタレー卿と暮らしていた。夫の世話をこなす日々が続き、生気が失われていたコンスタンスはある日、森で猟番をする男、パーキンと出会う。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)