サルバドールの朝

サルバドールの朝

サルバドールノアサ
SALVADOR

2007年9月22日(土)公開 / 上映時間:135分 / 製作:2006年(スペイン) / 配給:CKエンタテインメント

(C)Mediapro-Future Films

解説 スペインの独裁政権崩壊のきっかけとなったのは自由を求めた1人の青年の死刑だった。家族や恋人だけでなく刑務所の看守にまで愛されながらも、不当な理由により処刑された若き活動家サルバドール・プッチ・アンティックの実話を映画化。フランコ政権最後の死刑囚となった若き活動家を『グッバイ、レーニン!』のダニエル・ブリュールが演じる。

ストーリー 70年代初頭のスペイン。労働者闘争に身を投じている青年サルバドールは、秘密警察に追われる途中、不慮の発砲事件に巻き込まれ、若い警部を死亡させてしまい……

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全6件)