牡丹と竜

ボタントリュウ

上映時間:100分 / 製作:1970年(日本) / 配給:日活

解説 人斬りの竜は妻に死なれ、残された子・竜夫を連れ旅に出る。彼は道中出会ったテキヤの親分・平蔵に侠気を惚れられ、身を預けることになる。マキノ雅広監督の熱血任侠映画だが、同監督が1966年に撮った「日本侠客伝・斬り込み」のほぼ忠実なリメイクとも言える内容である。

情報提供:ぴあ