真実の行方

真実の行方

シンジツノユクエ
PRIMAL FEAR

1996年11月2日(土)公開 / 上映時間:131分 / 製作:1996年(米) / 配給:UIP

解説 真実をめぐっての裁判で、名声を手に入れるために無実を主張する弁護士が罠に巻き込まれる姿を描いた法廷サスペンス。冬のシカゴで78カ所を刺された大司教の死体が、胸に謎の文字を残したまま自宅で発見された。敏腕弁護士マーチン・ベイルは、マスコミの脚光を浴びたいがために容疑者である19歳の青年アーロンの弁護を無償で引き受ける。マーチンは無実を勝ち取るためにアーロンの途切れた記憶を利用して、ヤクザ絡みの事件を主張し、かつての恋人ジャネット検事と対峙する。だが、失われた記憶をアーロンが取り戻していくにつれ、裁判は彼のもくろみとは違う方向へと進んでいく。アーロンを演じたE・ノートンは本作でゴールデン・グローブ助演男優賞に輝いた。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全2件)