フェアリーテイル PR

「らんま1/2」足立梨花インタビュー|乱馬・らんま・あかね・シャンプーが香水に! 好きなキャラクターの強さやかわいさを、香りにして身につけられる幸せ

高橋留美子による「らんま1/2」をモチーフにした香水がフェアリーテイルから発売された。ラインナップは早乙女乱馬と早乙女らんまモデルのオードパルファム、天道あかねとシャンプーモデルのオードトワレという計4種。これらはいったいどんな香りなのか。コミックナタリーではマンガ・アニメ好きを公言し、「らんま1/2」に幼い頃から親しんでいたという女優の足立梨花に香水を試してもらった。インタビューでは原作の魅力を深掘り。「高橋先生にしか描けないマンガだった」と足立が述べる、その理由は? また好きな女性キャラクターという質問には、お嫁さんにしたいという観点で意外なキャラクターの名前を挙げてくれた。

取材・文 / 島田一志 撮影 / ヨシダヤスシ

「らんま1/2」コラボ香水

オードパルファム早乙女乱馬

トップノート
シトロン、ブルーベリー
ミドルノート
ジャスミン、バンブー、ホワイトローズ
ラストノート
シダーウッド、アンバー、ムスク
オードパルファム 早乙女乱馬

まっすぐで強くてカッコいい乱馬をイメージした、爽やかなフレグランス。ライトな香りで自然と馴染んでいく。時間が経つと、凛とした甘さへと変化。娘溺泉に落ちて水をかぶると女になってしまう乱馬の体質を表現し、フェミニンさが融合された。

容量50ml / 税込2750円

販売サイト

Amazon.co.jp

オードパルファム早乙女らんま

トップノート
ピンクピオニー、バンブー、ウォータージャスミン、ピンクペッパー
ミドルノート
ライチ、ザクロ、パイナップル、ピンクムスク、ホワイトティー
ラストノート
サンダルウッド、ムスク
オードパルファム 早乙女らんま

香水をつけた瞬間は、伝説の修行場・呪泉郷に生い茂る竹を思わせる香り。程よい甘さのあるピオニーと少し刺激的なピンクペッパーで、らんまのかわいさをイメージした香りにやがて変化していく。さらに時間が経過するとみずみずしく爽やかな香りへと変わり、最後には魅惑的でセクシーさを感じられる仕上がりに。

容量50ml / 税込2750円

販売サイト

Amazon.co.jp

オードトワレ天道あかね

オードトワレ 天道あかね

容量30ml / 税込1650円

販売サイト

Amazon.co.jp

オードトワレシャンプー

オードトワレ シャンプー

容量30ml / 税込1650円

販売サイト

Amazon.co.jp

足立梨花インタビュー

乱馬は女性の「守られたい願望」をくすぐるヒーロー

──このたび、フェアリーテイルから「らんま1/2」のコラボ香水が4種類発売されました。今日は同作の大ファンだという足立梨花さんに、その香水の印象やキャラクターの魅力などをざっくばらんに語っていただきたいと思います。まずは足立さんが「らんま1/2」を知ったきっかけを教えてください。

父も母もマンガが大好きなので、私が物心ついたときにはすでに実家にたくさんの単行本があったんですよ。マンガを読んだらダメだという家庭も少なくないと思いますけど、うちはむしろその逆で。言わば(マンガの)英才教育を受けて育ってきたようなものです(笑)。「らんま1/2」もそういうふうにして、子供の頃に父のコレクションを手当たり次第に読んでいたときに出会った1作でした。最初は単行本のカバーデザインがポップでかわいかったので、思わず手に取ったんじゃなかったかな。もちろんデザイン面だけでなく、お話もキャラクターも全部がかわいくて。そういう意味では「らんま1/2」は女子でも違和感なく読める少年マンガだと言えるんじゃないでしょうか。ちなみに私は小学3年生から中学2年生まで少林寺拳法を習ってたんですけど、その流れで興味を持った部分も少なからずあったかもしれませんね。

──なるほど。まずはキャラクターについてお聞きしたいと思います。主人公はもちろん格闘家の高校生・早乙女乱馬なわけですが、タイトルが示すとおり、男の子の乱馬と女の子のらんまが要所要所で交代しながら物語を展開させていきますよね。それがこのマンガが持つ大きな独創性の1つだと思いますが、足立さんの目から見た男の乱馬の魅力とはどういうものでしょうか。

やはりなんといっても強いところでしょう。最初から最後まで一貫して乱馬というキャラクターは、女性の「守られたい願望」をくすぐるようなヒーローですよね。彼のそばにいれば絶対大丈夫だろうという安心感があります。それと、格闘技については天才なんだけど、恋愛に対しては急に奥手で不器用になっちゃうところもかわいいと思います(笑)。

「らんま1/2」2巻より。あかねは東風先生に失恋し、彼のために伸ばしていた長い髪を切った。©高橋留美子/小学館
「らんま1/2」1巻より。乱馬はお風呂に入り男の体に戻った状態で、あかねとバッタリ鉢合わせしてしまう。混乱するあかねに事情を説明するべく、父親から池に突き落とされて女の体に変身した乱馬。足立梨花が「ナイスバディでうらましい」と憧れるらんまのプロポーションに注目だ。©高橋留美子/小学館

──一方の女の子のらんまはどうですか。

ナイスバディでうらやましい限り(笑)。あの明るいノリも大好きです。そういう意味では、「乱馬=らんま」ってずるいキャラですよね。男の子のときは強くてカッコよくて、女の子になったらなったでめちゃめちゃかわいいし、これまた強いという。ご存じのように「らんま1/2」にはかわいい女の子のキャラがたくさん出てきますけど、そんな中でももしかしたら女の子になったときのらんまが一番かわいいんじゃないでしょうか。正体は男の子なのにそれを忘れちゃうくらいかわいい。あと、毎回のバトルシーンで、コスプレ的にいろんな衣装を着てくれるじゃないですか。あれがまたかわいくてかわいくて。なんか「かわいい」しか言ってない気もしますけど(笑)、やっぱりずるいというか、ああいう女の子には今でも憧れますね。

──ちなみに男の子の乱馬と女の子のらんまは、どちらがお好きですか?

うーん、それは悩みますね(笑)。やっぱり乱馬とらんまは2人で1人の存在だと思いますから。でも、強いていえば女の子のらんまかな。「女性が見てもかわいい女の子」というのは最強ですよ。当然男性から見ても魅力的なヒロインでしょうし。