ナタリー PowerPush - マンけん。

漫研×熱血、作者はヘタレ?期待のルーキーに編集長が喝

月刊サンデーGX(小学館)で「マンけん。」を連載中の加瀬大輝は、同人時代から一貫して、マンガに挑む主人公ばかりを描いてきた異色の新鋭だ。なぜマンガ家マンガにこだわるのか、「マンけん。」2巻が発売されるタイミングで加瀬をキャッチし、その思いを訊いた。

なお取材には担当編集にしてサンデーGX編集長でもある小室ときえ氏に同席いただき、マンガ家マンガに欠かせない要素でもある編集者の視点から、存分にツッコミを入れてもらった。

撮影・取材・文/唐木元

 
mixiチェック

やっぱりマンガの登場人物は努力してないと!

──「マンけん。」はタイトルだけ見るといわゆる「4文字タイトル」ですから、日常系部活マンガかと予想されるのですが、蓋を開けてみると熱血ストーリーという、ギャップに驚かされました。

加瀬大輝

加瀬 そうですね。自分はいわゆる日常系みたいのがちょっと苦手というか、やっぱりマンガの登場人物は努力してないと! というのがありまして、こうなりました。

小室 自分的にはアンチテーゼのつもりなんでしょ? ふわふわ部活マンガへの。

加瀬 そんなことないですよ! 潰されますよ!

小室 そのくらい言っといたほうが売れるかもよ(笑)。それは冗談としても、サンデーGXは創刊時から島本和彦さんが「吼えろペン」「燃えよペン」を連載していた雑誌ですから、島本イズムみたいな熱血の流れは、実は正統ともいえるんです。

加瀬 島本作品の熱さも最高ですし、いまいちばん好きなのは断然「ちはやふる」ですね。ああいう部活マンガが描きたくて……。

小室 締め切り間際にTwitterで「全巻買っちゃいました」ってつぶやいてたもんね。原稿あがってないのにね。そんな時間あんなら、原稿描こうよ? わかってる?

加瀬 だってあんな面白かったら途中で止められないですよ……スイマセン……。

──熱血部活ものをやりたかったら、運動部を題材にとは考えなかったんですか?

加瀬 スポーツものは結構読んでたんで好きだったんですが、自分自身が運動が苦手で……。マンガの世界でのスポーツは好きだったんですけど、実際には興味が持てなくて……。

小室 ホント、びっくりするくらいスポーツに興味ないよね?

加瀬 ないですね。自分自身、部活は漫研部員だったので。

「こんな漫研だったらよかったのに」っていう願望が

──あ、では「マンけん。」は体験談的なところがあるんですか。

加瀬 いや、体験談の反対です。願望というか。ダラダラしてるイメージの漫研だからこそ、熱血にできたら面白いかなと思って。

小室 自分自身がダラダラした漫研部員だったと聞いていますが。

加瀬 そうですね。周りに上手い人がいるでもなく、触発されたりすることもなく、やる気なーく。それが正直イヤだったんですよ。だから「こんな漫研だったらよかったのにな」っていう願望は、大いに入っていると思います。

──天才肌の倖(さち)とキモオタで鈍臭いアリス、というダブルヒロイン状態になっていますが、ご自分が投影されているのはどちらですか。

右が天才肌のヒロイン・日笠倖。左に位置する金髪の少女・豊崎アリスは、天然のオタクキャラからクラスで「デンパちゃん」とあだ名されている。

加瀬 それはもう倖ですね。アリスは完全に他人という感じです。

小室 おおっ! 大きく出たね。それは自分がヒロインと同じ立ち位置にいたってことかな?

加瀬 そうは言わないけど(笑)。でも漫研の中ではいちばん上手かったし、それが歯がゆかったというか、上手い人を見て落ち込むとか切瑳琢磨するとか、そういうのしたかったという気持ちが原動力になっているかも。一方でアリスの、下手だけどマンガが大好き、描いていて楽しい! っていう、あのスタンスは理想像ですね。

小室 アリスのスタンスのどこが加瀬くんにとって理想なの?

加瀬 やっぱ自分は上手く描きたいというのがどうしてもあるんで、下手だったらそこでイライラしちゃうし、ぜんぜん楽しめないんですよ。あと好きなことにひたすらのめり込んで努力できる、純粋な気持ちとか。欲しいです。

小室 へ? じゃ、今、マンガに対する純粋な気持ち、なくなっちゃった?

加瀬 それはもう、大人ですから、汚れてしまっていますから(笑)。

マンけん。(2)2012年4月19日発売 560円(税込)/小学館 サンデーGXコミックス ISBN:978-4-09-157306-3

  • マンけん。(2)/ Amazon.co.jpへ

全てが完璧美少女の倖。実はマンガ大好きで雑誌の新人賞も受賞!……したものの 、伸び悩む倖が同級生のアリスに誘い込まれた高校の漫研は、変人揃いの魔窟で……!! ほとばしる情熱の、マンガ青春グラフィティ!!

加瀬大輝(かせだいき)

1985年5月15日生まれ。千葉県出身。2007年に竹書房の新人賞で奨励賞を受賞し、同年に成年誌・快楽天ビースト(ワニマガジン社)にてデビューを飾る。2010年に初単行本「むにゅっ娘ハイスクール」を刊行。2011年、月刊サンデーGX(小学館)にて「マンけん。」をスタートし現在も連載中。