ビデオパス PR

劇場版「名探偵コナン 紺青の拳」山口勝平(怪盗キッド役)インタビュー|キッドが出てくるお話は、これくらい派手でOK!“人間離れした”京極、“信頼している”コナンを語る

青山剛昌原作によるアニメ「名探偵コナン」の劇場版最新作「名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)」が公開された。劇場版史上初となる海外・シンガポールを舞台に展開される同作には、メインキャラクターとして怪盗キッドが登場する。コミックナタリーでは劇場版の公開を記念し、怪盗キッド役の山口勝平にインタビューを実施。劇場版の見どころはもちろん、キッドとともに同作でキーパーソンとして活躍する京極真や、キッドの好敵手であるコナンの印象、さらにはキッドが愛される理由まで語ってもらった。

取材・文 / 熊瀬哲子 撮影 / 佐藤類

ビデオパスなら「名探偵コナン」劇場版第1作~第21作が見放題。さらに劇場鑑賞料金が最大700円引き! ※第11作~第21作は4月20日より配信。

劇場版「名探偵コナン 紺青の拳」

「名探偵コナン 紺青の拳」の“フィストビジュアル”。

物語の舞台は、劇場版シリーズ初となる海外・シンガポール。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石“ブルーサファイア”を巡り、コナンと彼の宿命のライバルである怪盗キッドが、マリーナベイ・サンズ近郊で起きた殺人事件、そしてシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていく。また同作では、杯戸高校・空手部主将の京極真がキーパーソンとして活躍を見せる。ブルーサファイアを狙う怪盗キッドの前に立ちはだかる京極と、キッドにより強制的にシンガポールに連れ出されてしまったコナン。コナン、キッド、京極の三つ巴バトルの行方は……。クライマックスで展開される大迫力のアクションシーンにも注目だ。

山口勝平(怪盗キッド役)インタビュー

インタビューには「名探偵コナン 紺青の拳」本編に関する内容も含まれているので、鑑賞前にネタバレを見たくない方はご注意を。

なんかもう、「ダイ・ハード」みたいになっていた

──今日、初めて「紺青の拳」の試写をご覧になったんですよね(取材は4月2日の完成披露舞台挨拶の前に行われた)。

「名探偵コナン 紺青の拳」でキーパーソンとして活躍する京極真。杯戸高校の空手部主将であり、空手の公式戦では400戦無敗を誇る高い戦闘力の持ち主だ。

観てきました。面白かったですよ! 収録のときはまだ画が完成していないのと、音楽や効果音も入っていない状態なので、全体が見えるわけじゃないんです。なので改めて完成したものを観て、これはみんなワクワクする作品になったんじゃないかと思いました。それにしてもかなりスケールの大きな作品になったなという感じはしましたね。なかなかね、人間離れした人たちがたくさん出てくるから(笑)。

──はい。後半は驚きの連続で、1回観ただけでは処理しきれない感じがありました(笑)。

そうなんですよ。収録のときも画面がどうなっているかわからないから、「えっ、これってどうなってるの? まさかこうなってるの?」なんてみんなで話していて。あそこまで突き抜けた作品になったら、これはこれで楽しいなって思います。なんかもう、「ダイ・ハード」みたいになってましたよね(笑)。

──そうですね(笑)。推理シーンに勝るぐらい、アクションのインパクトがすごいことになっているなと。

もちろん謎解きも見どころなんですが、その印象を上回る派手さがありますよね。でも今回は怪盗キッドが出てくる話なので、これくらい派手でいいのかなと思います。

──怪盗キッドが劇場版に登場するのは、2015年に公開された「名探偵コナン 業火の向日葵」以来、4年ぶりとなります。メインキャラクターとして劇場版に登場することが決まったときはどう感じられましたか?

江戸川コナンの宿命のライバルである怪盗キッド。今回の劇場版では強制的にコナンをシンガポールへと連れ出すが、その目的とは。

案外早かったなという印象でした。毎年本編の最後に来年の劇場版の告知があるので、(昨年公開された)「ゼロの執行人」の収録のときはもう次回作のメインキャラクターがキッドになることは聞いていたんです。それがもう1年半くらい前になるんですかね。もう少し空くかなと思っていたのですが。

──「名探偵コナン」は長らく国民的アニメとして愛されていますが、2013年から6年連続で劇場版の興行収入を更新するなど、近年ますます注目が集まっていると感じます。そんなタイミングで、怪盗キッドがメインとなる劇場版が公開されるわけですが……。

山口勝平

興行収入を更新しているというのも、スタッフ一同としては、一生懸命作ったものに対してのご褒美のようなものと捉えていて、なので今回もいつも通り楽しく収録させていただきました。

──本編の内容を思い返してみても、収録現場はとても楽しそうです。

「コナン」はいろいろな事件が起こる作品ではあるんですが、収録自体はいたって和気あいあいと進むんです。劇場版は1日で録るので、今年も朝から夜の0時過ぎまで収録していました。その間はずっと集中していたわけですけど、すごく楽しい収録だったなという印象が残っていますね。

京極さんは、安室さんとは真逆のタイプの人

──今回の劇場版では、京極真もキーパーソンとして活躍しています。劇場版で京極にスポットが当たるのは今回が初めてとなりますが。

「名探偵コナン 紺青の拳」より、京極真。

京極さんはカッコいいですよね。僕は京極さんの不器用なところ嫌いじゃないです。園子に一途で、きっと空手と園子があればほかにはなんにもいらないんだろうなこの人は、みたいな感じがあって。でもその一途さが故に、愛情表現が不器用になってしまうところがある。去年の(「ゼロの執行人」にメインキャラクターとして登場した)安室さんとは真逆にいるようなタイプの人ですよね。

──純朴でちょっと天然な一面があったり、安室透とはまた違った魅力を持っていますよね。

あとは“漢”と書いて“おとこ”と読むみたいな部分もある(笑)。この劇場版を通して、京極さんのことを好きになる人はきっと多いんじゃないかなと思います。ただ、彼はもはや人間ではなくなってきているなって(笑)。クライマックスでも1人だけオーラが立ち昇って、もう別ジャンルのキャラクターになってましたからね。キッド個人としては、あまり関わりたくないです(笑)。

──園子はキッドのことになるとつい「キッド様」と目を輝かせてしまうので、京極の嫉妬の矛先はそのままキッドに向いてしまいます。

そうなんですよ。だから園子にはもう少し静かにしていてほしいですね(笑)。でも今回の劇場版の中で、キッドが京極さんとやり合うシーンがありますけど、なかなかに攻撃をかわしてますからね。キッドも相当じゃない?と。

──かわすほうが技術が必要だったりしますもんね。

そうそう、だからキッドは身体能力が高いんだなと思いました。

キッドからコナンに対する信頼

──今回はキッドとコナンが共闘するシーンも見どころの1つだと思います。「天空の難破船(ロスト・シップ)」の収録の際は、コナン役の高山みなみさんと「コナンとキッドの距離が近づきすぎているかもしれないから、もう少し離れてみようか」というお話をされたそうですが、今回の劇場版でのキッドとコナンの距離感はいかがでしょうか?

「名探偵コナン 紺青の拳」より、怪盗キッドと江戸川コナン。

いい距離感だと思いますよ。決して近からず、遠からずというか。やっぱりお互い信頼はおいていると思うんですけれど、根本にある“怪盗”と“探偵”という距離感は保っている。完成した映像を観て、改めていい距離感だなと思いました。

──収録中、そのあたりについて高山さんとはお話しされたんですか。

今回の劇場版では、コナンくんとキッドが、お互いに集めてきた情報をまとめていくような会話のシーンが多い。なので「これは説明としてどうだろう?」とか、そういったことは話しましたね。キャラクターそのものについてはお互い信頼しているし、言わずもがなの部分ではあるので。そういったことよりも、台本上でキッドがコナンに頼りすぎているかなと感じた部分があれば、セリフの捉え方やニュアンスで変化をつけたり、ちょっと言葉を入れ替えてみようかとか、そういったことについてよく話し合っていました。

山口勝平

──コナンに頼らずとも、キッドはキッドで考えて動いていると。

キッドもそれなりに切れ者なので。これぐらいの真実だったらキッド個人でも辿り着くことができるんじゃないかなと思う部分があれば、そういったところのニュアンスを相談したりします。ただ、推理はコナンくんのお家芸なので。そこはキッドもコナンを信頼しているところではあると思うんです。

──これまでのシリーズでもキッドとコナンが共闘するシーンはありましたが、今作は今まで以上に2人が一緒にいる時間が長かったですよね。

そうですね。ずーっと一緒にいますからね。コナンくんをシンガポールに連れてきたのもキッドですし。でもひどいですよね、スーツケースに入れて連れてくるなんて(笑)。

スーツケースに入れられ、シンガポールへと連れてこられたコナン。

──まさかのスーツケースでしたからね(笑)。そんなキッドとコナンの関係性というのも、これまでの長い付き合いの中で徐々に変化している部分があるのかなと感じました。

キッドが初めて「名探偵コナン」に登場したときは、あくまでコナンの好敵手の立場として出ていて。「天空の難破船」のあたりくらいからかな。黒羽快斗の部分が「名探偵コナン」の作中にもチラつくようになって、少し変わってきた部分があるのかなと思います。最初に出会ったときは「怪盗はあざやかに獲物を盗み出す創造的な芸術家だが、探偵はその跡を見て難癖つけるただの批評家に過ぎないんだぜ?」と言っていたキッドが、今回の劇場版の中では「握った拳の中にまるで何かがあるように思わせるのがマジシャンで、その拳を開く前に中身を言い当てるのが探偵だろ?」っていう言い方をしてるんです。そういったセリフ1つとっても、ずいぶん変わったなと。コナンくんに対しての信頼っていうのは、やっぱり彼の中にも絶対あるんだと思います。

劇場版「名探偵コナン 紺青の拳」
2019年4月12日(金)全国ロードショー
スタッフ / キャスト

原作:青山剛昌「名探偵コナン」(小学館「週刊少年サンデー」連載中)

監督:永岡智佳

脚本:大倉崇裕

音楽:大野克夫

声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、山口勝平 ほか

製作:小学館、読売テレビ、日本テレビ、ShoPro、東宝、トムス・エンタテインメント

配給:東宝

ビデオパスなら映画・ドラマ・アニメが見放題。
ビデオパス会員なら劇場鑑賞料金割引サービスも!

まずは無料でお試し!
ビデオパスとは

「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる動画配信サービス。
最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。 見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。さらに劇場鑑賞料金が最大700円引きとなるお得なサービスも。

ビデオパス会員特典!劇場鑑賞料金割引の詳細はコチラ!(auスマートパス・auスマートパスプレミアムも対象)

TOHOシネマズ

auマンデイ

ユナイテッド・シネマ / シネプレックス

auシネマ割
山口勝平(ヤマグチカッペイ)
山口勝平
5月23日生まれ、福岡県出身。声優、俳優として活躍。芸能プロダクション悟空代表。1989年にTVアニメ「らんま1/2」の早乙女乱馬役で主演を務める。そのほかの主な代表作に「名探偵コナン」(工藤新一 / 怪盗キッド役)、「犬夜叉」(犬夜叉役)、「ONE PIECE」(ウソップ役)、「魔女の宅急便」(トンボ役)など。近年は立川志ら乃に師事し、落語家に挑戦している。