お笑いナタリー

バッドボーイズ佐田「肩ぶつかったら謝る」バチバチに気合い入れた健太郎を絶賛

146

バッドボーイズ佐田、健太郎、カナタタケヒロ、山口義高監督。

バッドボーイズ佐田、健太郎、カナタタケヒロ、山口義高監督。

バッドボーイズ佐田の自伝小説を原作とする映画「デメキン」の舞台挨拶が10月14日、「京都国際映画祭2017」にて行われた。

本作は幼少期から“デメキン”と呼ばれいじめられていた主人公・正樹が福岡最大勢力の暴走族総長へと上り詰めていくさまを描くヤンキー映画。舞台挨拶には佐田、山口義高監督、主演の健太郎、主題歌を担当するLEGO BIG MORLのカナタタケヒロが登壇し、それぞれ作品に込めた熱い思いをアピールした。

佐田は「映画の内容はすべてノンフィクションですが、唯一フィクションなのは主人公が男前すぎるところ」と話して笑いを誘いつつ、健太郎が撮影を重ねるごとに不良らしくなっていく様子を回想。初対面では「本当に不良の役ができるの?」と不安を覚えたが、「こんなヤンキーと肩がぶつかったら謝ってしまうかも」と元総長の目線で絶賛する。

その健太郎は「デメキン」の原作ファン。「佐田さんの半生を演じるということで、生半可な気持ちではやれないなとバチバチに気合いを入れました」とコメント。さらに本作が映画初主演となったことから「今までにない思い入れを感じている。監督、キャスト、スタッフ、佐田さん、LEGO BIG MORLの皆さん。本当にみんなの思いが集結した作品になっています」と語る。最後に佐田も「男はただ殴り合いたいからじゃなく、好きな人のために、友達のためにケンカするんですよ。ケンカが終わったら勝ち負けはどうでもよくて、あとは友達になれる。そんな男たちの青春をぜひ観て知って楽しんでほしい」と呼びかけた。

「デメキン」は12月2日(土)より東京・シネマート新宿ほかで全国公開。野性爆弾くっきー、水玉れっぷう隊ケンも脇を固めている。

(c)よしもとクリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ (c)2017 映画『デメキン』製作委員会

お笑いナタリーをフォロー