お笑いナタリー

和牛、アントニー、アキラ100%ら「有吉の壁」初参戦!経験者たちも意気込み

3077

(前列左から)さらば青春の光・森田、ロッチ中岡、やさしい雨・松崎。(後列左から)さらば青春の光・東ブクロ、チョコレートプラネット長田、チョコレートプラネット松尾、アルコ&ピース平子。

(前列左から)さらば青春の光・森田、ロッチ中岡、やさしい雨・松崎。(後列左から)さらば青春の光・東ブクロ、チョコレートプラネット長田、チョコレートプラネット松尾、アルコ&ピース平子。

有吉弘行がMCを務めるバラエティ特番「有吉の壁」(日本テレビ系)の第8弾が6月24日(土)に放送される。先日、同番組の取材会が都内で実施され、出演者のロッチ中岡、さらば青春の光チョコレートプラネットアルコ&ピース平子、やさしい雨・松崎が同番組への意気込みを語った。

「有吉の壁」は有吉が用意した“壁”を芸人たちが面白いボケで打ち破っていくロケバラエティ。大型レジャー施設・スパリゾートハワイアンズが舞台の今回は、和牛マテンロウ・アントニー、アキラ100%尼神インター阿佐ヶ谷姉妹が初参加する。

第3弾から6回連続で出演するさらば青春の光・森田は「毎回死に物狂いで、これが最後やと思ってやってますね。1回スベったら『あ、もう呼ばれへん』っていうのが頭をよぎるんですよ。だから次の収録の知らせが届いたときは『よっしゃー!』ってなる」と番組への思いを明かし、相方の東ブクロも「一生懸命食らいついていければ。異常な顔色でがんばってるところを見てほしい」と気合い十分のコメント。また、やさしい雨・松崎は「僕は太田プロだから、たぶん有吉さんのバーターとして出させてもらってるんですけど、前回それがパーマ大佐に取って代わられて『やっちまった!』って思いました。だから今回はこの場にいられることにホッとしてますね」とオファーを受けた喜びを語った。

一方で「僕は全然出たくなくて……」と低いトーンで述べるのはアルコ&ピース平子。「デビュー当時に思い描いていた芸人像とは真逆のお仕事。間と雰囲気と空気感を重んじたおしゃれ寄りの芸でやっていきたいと思ってたのに、収録では毎回追い詰められて服を脱いでいる。『有吉の壁』は、追い詰められたときに俺は服を脱ぐんだっていうことに気付かせてくれた」と俯きながら話し、「バラエティというより人間ドキュメントとして観てもらえれば」と視聴者に呼びかける。

記者からの「ライバルはいますか?」という質問には、ロッチ中岡が「ライバル視するというよりも、みんなで助け合わないとっていう感じですかね。助け合い。支え合い。“芸人24時間テレビ”的なことになってます」と回答。一方で毎回、髪や眉を剃って周囲を驚かせるとにかく明るい安村については「あいつだけ連携が取れてない」「自分だけ秀でればいいっていう考え」「1人だけああいうことやられちゃうとダメ」と芸人たちから次々と不満が。チョコレートプラネット松尾は「安村さん、次回あたりタトゥー入れるんじゃないかって思ってて……」と苦笑いを浮かべていた。

初参加の芸人の話題になるとチョコレートプラネット長田は「アキラ100%さん強そうですね。あの人が入ってきたら僕らはもう脱げない」と警戒。さらに「安村さんとアキラさんの全面戦争が起こりそう。安村さんは徹底的に潰しにいくでしょうね」と予想する。また平子は「あいつ(安村)は本気すぎますよ。カメラが回ってないときに『安村すげーな』って声かけたら、振り向かずに『これしかねえんすよ』って言ってました」と撮影でのエピソードを明かし、取材陣の笑いを誘っていた。

お笑いナタリーをフォロー