お笑いナタリー

千鳥声優“大クセファンタジー”出演シーン解禁、「結局最後は漫才のときと同じ声」

132

本日5月19日(金)公開のアニメーション映画「夜明け告げるルーのうた」に声優として参加している千鳥。このたび2人が声を当てるキャラクターの出演シーンが解禁となった。

「夜明け告げるルーのうた」は「夜は短し歩けよ乙女」を手がける湯浅政明監督のオリジナル作で、「アヌシー・アニメーション国際映画祭」の長編部門にノミネートされる注目作。寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)を舞台に、心を閉ざした少年カイが天真爛漫で歌とダンスが大好きな人魚の少女ルーとの交流を通じて変わっていくさまを描く青春物語だ。

千鳥ノブが演じるのは、町の活性化のため魚の活け締めを習得しようと、何も知らずに研修場所にやってきた新米漁師の髭反大。ルーのパパに締め方を教わろうとするが、淡々と作業を続けるルーのパパは彼を相手にしない。また大悟は人魚が災いをもたらすと思っている町の住人・江曽島の役。ルーやルーのパパを悪者と決めつけ、凄みのある声で騒ぎ立てる。

このたびお笑いナタリーに千鳥からコメントが到着し、ノブは「収録では邪魔にならないようにと声を抑えてやっていたら、逆に不自然になったりして、結局、最後は漫才のときと同じ声になっていました」と収録を回想。そんなノブのアフレコシーンがもっとも印象に残っているという大悟は、その理由を「声が汚いから(笑)」と語っている。2人の声優ぶりを映像で確認してみよう。

千鳥 コメント

大悟:今回、劇場版アニメーションへの参加は初めてで緊張しました。とにかく迷惑をかけないことを心がけました。特に印象に残っているのはノブがアフレコしているシーンですね。声が汚いから(笑)。湯浅監督が描く映像は独特で、ほかにはない映像だと思いました。僕たち千鳥の声優初挑戦となる本作。ぜひこのクセのすごい映画を楽しんでください。

ノブ:収録では邪魔にならないようにと声を抑えてやっていたら、逆に不自然になったりして、結局、最後は漫才のときと同じ声になっていました。最初カッコつけてしゃべっていた自分が恥ずかしいです! 本作は、なぜか出てくる人を全員好きになる不思議な物語です。このどうでもいいリアルばっかり語る時代にこそ観てほしい「大クセファンタジー!」だと思います。

※映画ナタリー Power Push 公開中!
「夜明け告げるルーのうた」湯浅政明×高杉真宙インタビュー みんなが会いたくなるキャラクターの誕生!人魚と人間によるボーイミーツガールPR

(c)2017ルー製作委員会

お笑いナタリーをフォロー