お笑いナタリー

マジ歌オールスターが武道館に集結「ゴッドタン」笑いと感動の一夜

1954

「ゴッドタン マジ歌ライブ2017~マジ武道館~」の様子。(c)テレビ東京

「ゴッドタン マジ歌ライブ2017~マジ武道館~」の様子。(c)テレビ東京

昨日3月16日、「ゴッドタン マジ歌ライブ2017~マジ武道館~」が東京・日本武道館で開催された。

東京国際フォーラム ホールAのステージで「次は武道館で!」と矢作が言い放った前回の「マジ歌ライブ」から1年半、ついに実現した「芸人マジ歌選手権」の武道館ライブ。10年続く「ゴッドタン」の中でこれまでやっていた“悪ふざけ”をそのまま武道館規模にパワーアップさせたような内容で、芸人に加えバンド隊やバックダンサー、小芝居に参加した俳優陣など約100人の出演者がスタッフと力を結集させて会場のファンを魅了した。

開演前には三四郎による場内アナウンスが流れ出し、来場者たちは聴き逃すまいと急いで席へ。注意書きを読み上げる小宮と、そのグダグダさに笑っている相田のやり取りは音声だけでも2人の姿を想像させる。続けて「芝居ヤバイ芸人」企画でその演技力を見せつけたネゴシックス岡井千聖(℃-ute)、千鳥ノブの舎弟として番組なじみのシンプル西野による前説VTRが上映された。取調室を舞台にした刑事コント仕立ての前説だったが、ネゴと岡井は刑事を意識しすぎた口調で不自然極まりない。

これらの演出ですでに会場は高揚感に包まれ、いよいよ幕が上がると弾けたように大歓声が上がる。トップバッターを務めたバナナマン日村は客席からの「ブスー!」の声援に「ブスって言った? それ全部取ってえい! 技ありー」と返し、あらゆる方向に「技あり」ポーズを決めてみせた。その後も芸人とマネージャーが一丸となったASH&Dチームや、スピードワゴンロバート秋山扮するL.A.コブラ、ダイノジ大地といったマジ歌シンガーたちが次々と登場。おぎやはぎやバナナマン設楽、アルファルファ(=東京03飯塚、豊本)がツッコミを入れて笑いを誘っていく。

「多忙でスケジュールが合わない」という設定もお決まりになってきたフットボールアワー後藤は客席から姿を現した。たっぷりと観客を焦らし、気持ちよさそうに「ジェットエクスタシー」を歌い上げた後藤。途中、コールアンドレスポンスを繰り広げようとするも客席と噛み合わず「俺が『ジェッタ』って言ったら『シー』やろがい!」としびれを切らす。バナナマン設楽が「『ジェッタ』のあとに『セイ』も言っちゃうから、お客さんが『シー』を言いづらいんだよ」と的確に指摘すると、気持ちを代弁してもらった観客からは大きな拍手が。忙しいという後藤はステージから次の現場に急いで飛び込むと、そこはダイノジ大谷がDJを務めるラジオ番組「NETSU THE RADIO」のブースだった。

バカリズムは武道館の場内を闊歩するミュージックビデオのような映像で惹きつけたかと思えば、台車に乗ってアリーナ席を移動し会場を沸かせる。電飾のついた衣装を着用し、誰よりも都会的なパフォーマンスを繰り広げるバカリズムだが「僕なんて全然。(衣装が)光ったのもまぐれ」と卑屈を貫いた。また、ハライチによる「生きTHE MANZAI」ではラブレターズ塚本が活躍。この日、インフルエンザでまさかの欠席となったハライチ澤部の代役を「同じ坊主」という理由だけで演じきった塚本のがんばりを出演者含め全員が称えた。

マジ歌シンガーのほかにも、おぎやはぎ矢作の初代マネージャーや、「キス我慢」ならぬ「雑我慢選手権」の名物キャラクター・石橋さん、マーティ・フリードマンら、さまざまなゲストがこの一夜を彩るのに協力。東京03飯塚の妻・まゆみっくすの登場には、飯塚が「マジまゆみっくすじゃん!」と驚きを隠せない様子で、石橋さんと舞台上で絡んでしまったことを悔やんだ。角田バンドの演奏中には風間カメラマンとおぎやはぎ矢作がツインドラムを披露。そして劇団ひとりによるステージでは、鮮やかなパロディと大きなサプライズが用意されており、観客たちを大いに喜ばせた。

次々と展開していく息をつかせない構成で笑いと感動を呼び起こしたステージもこれでお開き。アンコールではおぎやはぎ小木が松丸友紀アナウンサーと共に中央のマイクの前へ立った。これは以前の「マジ歌ライブ」で小木がしくじった「オラと母ちゃんの1週間」のリベンジで、小木は照れずに同曲のアレンジバージョンを歌いきる。そして恒例の「さくら」を出演者全員で合唱し、ライブに幕が下ろされた。

ライブの様子は4月1日(土)、8日(土)の「ゴッドタン」(テレビ東京)でオンエア予定。なお番組のオフィシャルブック「『ゴッドタン』完全読本」(KADOKAWA)が4月27日に発売される。

お笑いナタリーをフォロー