お笑いナタリー

大自然や蛙亭ら登場「漫才博覧会」かまいたちも濱家のルミネフォー!でアピール

182

「何の味付けもしない濱家のルミネフォー」を披露するかまいたち濱家。

「何の味付けもしない濱家のルミネフォー」を披露するかまいたち濱家。

昨日2月29日、東京・ルミネtheよしもとにて「大阪よしもと漫才博覧会5~この中に絶対いる!~」が開催され、大阪を拠点に活動する20組の芸人がネタを繰り広げた。

登場したのは大自然、蛙亭、てんしとあくま、ヒガシ逢ウサカら結成10年未満の若手からケツカッチンスーパーマラドーナヘッドライトかまいたち藤崎マーケットといった結成10年以上の中堅どころまで多彩な面々。トリはダイアンが務め、テンダラーもMCで盛り上げた。

トップバッターのネイビーズアフロは心の中の天使と悪魔を題材にした漫才を展開。データを駆使して財布をくすねるよう揺さぶりをかけてくる悪魔に、客席もだんだんと魅了されていく。2015年7月結成にして同年末の「オールザッツ漫才」(MBS)で注目を集めた大自然は、特徴的な声を生かした堂々たるパフォーマンスで会場を沸かせた。蛙亭がアピールコーナーで見せたのは、絵の得意な中野が東京タワーを描いている間に相方の岩倉が「三点倒立しながら寿限無を言う」という一風変わったコンビ芸。倒立のバランスやはだけてしまいそうなスカート、また岩倉自身が何を言い出すかわからないことなど、さまざまな危うさで会場を釘付けにする。

かまいたちもアピールコーナーで活躍。山内のムチャぶりから濱家が「何の味付けもない濱家のルミネフォー」を披露することに。「何なん、ルミネフォーって!」と戸惑いつつも「もし笑いが来なかったら『山内のゲッツ!』をやる」という山内に責任を預けていざ挑んだ濱家。言われた通り、レイザーラモンHGのギャグに何のアレンジも加えず、シンプルに「ルミネフォー!」と絶叫。会場にはクスクスと笑い声が漏れるだけで、救いの「山内ゲッツ!」が出るのかと全員の注目が山内へ集まる。その山内は目を見開いて微動だにせず、「出すまでもなかった。あの辺ウケてたよ」と納得していた。

またこの日、結婚を発表していたスーパーマラドーナ田中はネタ後、「結婚したのにお見合いのネタやってすみません。やってる最中に気づきました」と謝る武智とともに照れ笑い。お相手について「簡単に言うとファンの子です」とサラッと説明して笑いを誘ったほか、普段は場の空気を壮絶なものに変えてしまうギャグも好調で拍手喝采を浴びた。

次回「大阪よしもと漫才博覧会」は3月27日(日)、同劇場にて開催。

大阪よしもと漫才博覧会6~この中に絶対いる!~

日時:2016年3月27日(日)19:00開場 19:30開演
会場:東京・ルミネtheよしもと
料金:前売2500円 当日3000円

お笑いナタリーをフォロー