お笑いナタリー

来年放送「新・ミナミの帝王」新作でジュニアが安達祐実と対決

87

千原ジュニアが主役・萬田銀次郎を演じるドラマ「新・ミナミの帝王」(関西テレビ)の新シリーズが、来年1月4日(日)、12日(月・祝)に2週連続で放送される。

4日放送分のテーマは、社会現象となっているブラック企業。12日放送分では安達祐実がゲスト出演し、霊感商法で人々を騙す美しき教祖・恵福役を演じる。

ジュニアは芸歴30年のベテラン女優・安達の演技に、「バラエティのときとは、眼力が全然違って驚きました」と感服。また1年ぶりとなる「新・ミナミの帝王」の新作に対しては、「今回もよくできたお話で、演じていてやりがいがありました。今のテレビドラマの中ではかなりダークな部分を描いている作品じゃないでしょうか」とコメントした。

ドラマの中で恵福は、銀次郎の弟分・坂上竜一(大東駿介)を懐柔。銀次郎を裏切るよう仕向ける。果たして銀次郎はこのピンチを乗り切ることができるのか。ジュニアと安達の眼光鋭い騙し合いに注目を。

千原ジュニアコメント

今回もよくできたお話で、演じていてやりがいがありました。ブラック企業や詐欺といった身近な話なので、見ていて勉強になると思います。安達さんもバラエティのときとは、眼力が全然違って驚きました。今のテレビドラマの中ではかなりダークな部分を描いている作品じゃないでしょうか。借金取りが主役のドラマを休日のお昼に流すなんて、東京じゃ考えられませんからね(笑)。今ではちょいちょいロケしていても、『萬田銀次郎や!』と言ってもらえるようになったのでうれしいですね。だけど、銀次郎と自分はまったく似ておらず正反対です。唯一似ているとすると、“日本銀行券”が好きということくらいですか(笑)。

安達祐実コメント

恵福という役はいろいろな顔を見せるので、演じていて楽しかったです。私もよく「何考えているかわからない」と言われるので、ミステリアスな恵福と少し似ているかもしれませんが、こんなにあくどい奴ではないですよ(笑)。結婚してから初めての現場だったので、一生忘れられない現場になると思います。千原さんの演技もすごい迫力があって、私と騙し騙されみたいなところもあるので、ドキドキしながら見てもらえるとうれしいです。

新・ミナミの帝王

関西テレビ 2015年1月4日(日)16:00~17:30
2015年1月12日(月・祝)15:18~16:48
<出演者>
千原ジュニア / 大東駿介 / 赤井英和 ほか

お笑いナタリーをフォロー