ナタリー PowerPush - 上坂すみれ

「七つの海よりキミの海」に見る すみぺの闘争と革命の日々

2013年2月11日の建国記念日に「上坂すみれプロジェクト 始動!! ~決起集会 vol.0~」なる、デビュー発表CDデビュー記念イベントを開催した声優・上坂すみれ。ロリータ風ドレスの上にいかにも帝国主義的なマントをまとい、軍隊式の制帽をかぶった上坂がそのステージで披露したのがシングル「七つの海よりキミの海」の表題曲だ。

この曲は現在放送中のアニメ「波打際のむろみさん」のテーマソングながら、そのテイストはいわゆるアニメソングとは一線を画す。神前暁と高田龍一が手がけるトラックは上坂自身も敬愛する戸川純のユニット、ゲルニカのようにめまぐるしくジャンルを変化させ、畑亜貴による歌詞は「今日も海はどんぶらこ 波チャプれ背びれパンパンパン」「むろみ~! やめて~!」と中毒性抜群。そしてシングルのカップリングにはゲームミュージックの名手・伊藤賢治による熱血ヒーローソング「我旗の元へと集いたまえ」、気鋭のトラックメーカー・田中秀和によるオールドファッションなマーチ「我らと我らの道を」を収録している。

声優デビュー2年目、そしてアーティストデビューまもない新人は、独特にもほどがある美意識をいかにして獲得したのか。上坂の趣味の遍歴を追いかけることで、大問題作(!?)「七つの海よりキミの海」誕生の秘密に迫った。

取材・文 / 成松哲 撮影 / 佐藤類

 
mixiチェック

ソ連にハマったきっかけは「祖国は我らのために」

──デビューシングル「七つの海よりキミの海」の初回限定盤と通常盤のジャケットのタイポグラフィってロシア構成主義(1917年のロシア革命後、ソビエト社会主義共和国連邦で始まった芸術運動)のパロディですよね?

上坂すみれ

そうです! 趣味です!

──なので最初の質問は「なんで?」(笑)。現在21歳の女の子はなぜソ連にハマったんでしょう?

ハマったのはわりと最近、高校生になってからですね。動画サイトでソ連の国歌を聴きまして……。

──「祖国は我らのために」でしたっけ。確かにアガりますよね、あの曲(笑)。ではなぜイマドキの女子高生は動画サイトの検索窓に「ソ連 国歌」と入力してみたんですか?

いや、ソ連で検索したわけじゃないんですよ。サイトで動画を観ていると隣に出てくる関連動画に全然関係ない映像が並ぶことがあるじゃないですか。高校1年生のある日、極度のヒマに陥ってその関連動画を観てみたんです(笑)。

──ソ連にハマった理由はヒマだったから(笑)。

ひとりっ子で家に帰ってきても犬くらいしかおしゃべりする相手がいなかったので(笑)、ずーっとパソコンをいじってたんです。当時昭和のCMを観るのが好きだったから、その関連動画にあったのかなあ。たぶんそういう経緯で「祖国は我らのために」を聴いて、大いにハマったって感じですね。

ネット民・すみぺの誕生

──じゃあそれ以前のストーリーについて聞かないといけませんね。昭和のCMを漁り「祖国は我らのために」を愛聴する素養はいつどこで培われたんだと思います?

……いつどこでかなあ。幼稚園の頃、父が集めていた「ゴルゴ13」を読んで、無意識にではあるんですけど、冷戦期のソ連の不思議さに興味を持ったような気もしますし。ただ小学校の頃はみんなが話していた最新のJ-POPの話題なんかにもついていこうとしてはいたんですけど……。

──「ついていこうとしてはいた」ということは、言葉を選ばず言ってしまうなら、結局その話題で盛り上がる教室にイマイチなじめなかった?

まさにそういう感じで! みんなが音楽番組の話をすごく楽しそうにしていたので、私も観てみたんですけど、ダンスもするグループの人たちって曲の途中でフォーメーションを変えるじゃないですか。そうなると「あれっ!? 顔が覚えられないぞ」「さっきの人がどこにいっちゃったのかわからない!」って(笑)。で、そういうものになじめなくなり、中学生になったら思春期が始まり……。

──上坂さん自身にもクラスメイトにも自意識みたいなものが芽生えるから、なお折り合わなくなりますよね。

上坂すみれ

しかも、もともとアニメが好きだったので。アニメってファンタジーやオカルトを扱った作品も多いじゃないですか。だから横浜の大きな本屋さんや、あと神保町にもたまに行ってたかな? そういうところで心理学がどうとか、スピリチュアルがどうとかっていう本を探すようになって。そうこうしているうちに昭和のCMを観る素養というか、今の趣味、昭和モノ、ロリータファッション、中野ブロードウェイ、ミリタリー、筋肉少女帯みたいな音楽っていう趣味が培われたんだと思います。

──それもそれで疑問なんですよ。平成生まれの女の子が、いわゆる最近の「サブカル」ではない、由緒正しき「サブカルチャー」的な情報にどこで接触するんだろう? 「神保町の○○書店がヤバいぞ!」ってネタをどこで仕入れるんだろう?って。

それもインターネットですね。小学校の頃、Windows98が発売されたんですけど、その頃からずーっとインターネットをやっていて。そのままネットにハマってしまい(笑)。それが2000年くらいで、ちょうどフラッシュとかアスキーアートとかがすごく流行ってたんですよ。あとネット発のイベントがあったり、すごく楽しそうだったんですよね。

──そういうコンテンツやイベントが社会現象やビジネスになり始めた頃ですよね。

なので、ずーっと見ていました(笑)。最初は確か世界史の情報を見ていたんだと思うんですけど、ネットっていろんな人が集まる場所だから、そこにいるだけでも音楽とかマンガとかアニメとか、サブカルチャーの情報も入ってくるじゃないですか。それがホントに楽しかったので、中学の頃からはクラスの話題について“いけない”んじゃなくて、ついて“いかなく”なり、学校自体さしたる興味もなくなってきて……。

──興味を持ってください(笑)。

「もう行っても行かなくても同じだよお」とか言いながら、なんとなく行って(笑)。で、休み時間になると心理学の本とかを読んでました。特にニーチェを持ってったときはヒドかったなあ。

──ニーチェって思春期の中学生こそハマりそうなものですけどね。出てくるフレーズがいちいちカッコいいじゃないですか。「神は死んだ」とか「超人」とか。

まさにハマるお年頃だと思うんですけど、一緒にお話できる人はいなかったですねえ(笑)。でもちょうどその頃、映画の「下妻物語」が流行ってロリータが市民権を得てきていたので、クラスにもロリータに詳しい子やヴィジュアル系が好きな子はいて。そういう人たちとはおしゃべりしてましたね。で「2~3人だけど友達もいるし、このままでいいや」「もう好きなことだけ調べて過ごそう」っていうメンタルが整い始めたんだと思います。

1stシングル「七つの海よりキミの海」 / 2013年4月24日発売 / STARCHILD
「初回限定盤」[CD+DVD] / 1700円 / KICM-91447
「期間限定アニメ盤」[CD] / 1500円 / KICM-91448
「通常盤」[CD+DVD] / 1200円 / KICM-1449
初回限定盤 CD収録曲
  1. 七つの海よりキミの海
  2. 我旗の元へと集いたまえ
  3. 七つの海よりキミの海(off vocal ver.)
期間限定アニメ盤 CD収録曲
  1. 七つの海よりキミの海
  2. 我旗の元へと集いたまえ
  3. 七つの海よりキミの海(off vocal ver.)
  4. 七つの海よりキミの海(TV size mix)
通常盤 CD収録曲
  1. 七つの海よりキミの海
  2. 我旗の元へと集いたまえ
  3. 我らと我らの道を
  4. 七つの海よりキミの海(off vocal ver.)
初回限定盤 DVD収録内容
  • 「七つの海よりキミの海」PV
上坂すみれ(うえさかすみれ)
上坂すみれ

ソビエト社会主義共和国連邦が崩壊した1991年生まれの声優。小学生時代よりジュニアモデルとして活動。2012年テレビアニメ「パパのいうことを聞きなさい!」の小鳥遊空役で本格的に声優デビューし、同年「中二病でも恋がしたい!」や「ガールズ&パンツァー」など注目作に立て続けに出演する。その一方でラジオ、イベント、アニメ誌、カルチャー誌などを通じて、無類のロリータファッションマニア、ソ連・ロシアマニア、ミリタリーマニア、音楽マニアであることがファンの知るところに。2013年4月、その趣味の世界をダイレクトに反映したシングル「七つの海よりキミの海」でアーティストデビュー。