SCANDAL「恋するユニバース」PR

SCANDAL|初の対バンツアーに立ち向かうためのラブソング

SCANDALがキャリア初となる配信限定シングル「恋するユニバース」を10月22日にリリースする。

シングル収録の新曲「恋するユニバース」と「ふたり」は、10月6日から東名阪で行われる初の対バンツアーに合わせて制作されたナンバー。対バン相手であるUNISON SQUARE GARDEN、04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNTの3組に、結成11年のキャリアを持つガールズバンドとしての意地と実力を叩き付けるような会心作となっている。

3月から7月にかけて行われた初の47都道府県ツアーを終えてもなお、攻めの姿勢を維持し続けるSCANDAL。チャレンジングな作品となった配信限定シングルについて、そして念願の対バンツアーへの思いをメンバー4人に聞いた。

取材・文 / もりひでゆき 撮影 / tAiki

53通りのセトリで回った、いいことだらけの47都道府県ツアー

──SCANDALにとって初となる47都道府県ツアーが3月から7月にかけて行われました。完走した感想から聞かせてください(参照:SCANDAL“熊本スペシャル”で観客沸かせた47都道府県ツアー初日 / 参照:SCANDAL、初の47都道府県ツアー完走「この瞬間が大好きだからバンドを続けてる」)。

HARUNA(Vo, G)

HARUNA(Vo, G) 終わってみるとあっという間でしたけど、達成感はものすごくあって。最後に東京の豊洲PITへ戻ってきたときにはすごく感動しましたね。なんとも言えない初めての気持ちになりました。

RINA(Dr, Vo) 最小だとキャパシティが200人くらいの会場もあったし、豊洲PITだと3000人くらい入るんですよ。会場の規模にそれくらい振り幅があったから、大きな場所でやらせてもらえるありがたみを改めて感じたところもありましたね。ちっちゃいところはちっちゃいところでのよさがものすごくあったし。

MAMI(G, Vo) それぞれのよさがあるんだよね。しかも新しいライブハウスもあれば、何十年も営業してるライブハウスもあって、それぞれ音の鳴りも違うんですよ。そういうことは実際に各地方を自分たちの足で回らないとわからないことだなってすごく思いました。

TOMOMI(B, Vo)

TOMOMI(B, Vo) これまでワンマンライブで行ったことがなかった高知、佐賀、岐阜、宮崎へやっと行けたのもうれしかったですね。今回はありがたいことに全公演ソールドアウトで、各会場パンパンでお客さんが待っていてくれて。その光景を実際に自分たちの目で確かめられたのはすごくよかったなって思います。

──バンドとしての新たな自信を手に入れたところもあったでしょうね。

MAMI 自信も付いたし、メンバー全員タフになったと思います。2日に1本ないしは3日に2本くらいのペースで全53公演を回ったから。

TOMOMI しかも、各土地ごとにその日の気分や会場に来てくれるお客さんの雰囲気などを見てセットリストを全部変えたんですよ。53通りのセットリストがあるっていう。だから自分たちとしても常にフレッシュな気持ちで回れましたし、それによってちゃんと成長もできたと思いますね。

MAMI ホントにいいことだらけの47都道府県ツアーでした。

CDよりも素早くみんなのもとに届けられる形

──その後はさまざまな夏フェスに出演し、8月21日には結成11周年を迎えました。

MAMI ついこないだ10周年を迎えたと思ってたんですけど、あっという間に11周年が来ましたね(笑)。

──それだけ精力的に濃密な活動を続けているってことですよね。

RINA SCANDALは今、バンドとしてかなり攻めの体制なんですよ。気合いたっぷりで尖ってたデビュー当時と同様に、11年経った今こそまた攻めていきたいという気持ちが強いんです。今までできなかったこと、今だからこそ勝負できることをやってみる時期かなと思っているので。

MAMI(G, Vo)

MAMI この11年の間にはいろんなモードがありましたけど、1周回ってまたそういう気持ちになれていることが自分たちとしてもうれしいし、実際いろんなことをさせてもらえる環境にいられることへの感謝も感じます。

──47都道府県ツアーもそうでしたけど、初めてのことに果敢にトライしているなという印象もありますよね。今回は初めての配信限定シングルとして10月に「恋するユニバース」をリリースし、初の対バンツアーも開催されます。

RINA 配信に関しては絶対そうじゃなきゃ嫌だって言うわけではなかったんですけどね。私たちはこだわってCDを作ることがすごく好きだし、その気持ちをファンの方もちゃんとわかってくれているんですよ。だから今回も「配信のみのリリースです」って告知したときに「あー、CDが欲しかった!」って声をめちゃくちゃもらったりもして。その反応がすごくうれしかったんですよね。

──にもかかわらず配信リリースに踏み切った理由は?

RINA(Dr, Vo)

RINA 今回は対バンツアー前に新曲を聴いてもらいたかったんですよ。それが一番の理由。シングルの発売日はツアー後なんですけど、表題曲は先行で配信されるので。かなりたっぷり時間をかけて大事に作った曲でもあるので、今回に関してはCDよりも素早くみんなのもとに届けられる形のほうがいいかなって思ったんですよね。

──メンバーのそういう判断は、ファンにとってもうれしいものでしょうしね。しかしライブ三昧の日々を送りつつ、並行して制作も行っていたとは。

HARUNA ツアー中もずっと制作はしてました。

MAMI うん。で、録れるものから録っていこうって言うことで、最近もちょいちょいレコーディングしてますし。

RINA 次のアルバムを早く出したいからね。

──今回配信される「恋するユニバース」と「ふたり」の2曲はいつ頃できたものですか?

RINA 「ふたり」の歌詞の原型は、去年の夏ぐらいにはあったんですよ。

MAMI そこに曲を付けて仕上げたのは今年の頭くらいかな。で、「恋するユニバース」はバリバリ47都道府県ツアー中に作りました。

──タイプはそれぞれ違いますが、2曲共ライブ映えしそうな楽曲ですよね。

TOMOMI そうですね。ライブをたくさんしている中で、「もうちょっとスピード感と瞬発力のある曲があったらいいよね」みたいな話をよくしてたんですよ。「恋するユニバース」は特に、そんな気持ちが反映されてると思います。あとは2曲共対バンツアーでやりたいっていう思いも強かったので、ライブ映えしそうなサウンドになったんだと思います。

SCANDAL「恋するユニバース」
2017年10月22日配信開始 / EPICレコードジャパン
表題曲「恋するユニバース」9月25日先行配信
SCANDAL「恋するユニバース」
収録曲
  1. 恋するユニバース
  2. ふたり
  3. キミと夜と涙(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)
  4. 声(Billboard Live OSAKA 2017.08.21)
SCANDAL TOUR 2017「SCANDALの対バンツアー」
  • 2017年10月6日(金)東京都 Zepp Tokyo
    <出演者> SCANDAL / UNISON SQUARE GARDEN
  • 2017年10月20日(金)愛知県 Zepp Nagoya
    <出演者> SCANDAL / 04 Limited Sazabys
  • 2017年10月21日(土)大阪府 Zepp Osaka Bayside
    <出演者> SCANDAL / BLUE ENCOUNT
BEST★Xmas 2017
  • 2017年12月24日(日)東京都 赤坂BLITZ
SCANDAL(スキャンダル)
SCANDAL
2006年8月に大阪のボーカル&ダンススクールで出会ったHARUNA(Vo, G)、MAMI(G, Vo)、TOMOMI(B, Vo)、RINA(Dr, Vo)の4人で結成したガールズバンド。結成直後から大阪城公園でストリートライブを始め、キュートなルックスと力強いバンドサウンドを武器に瞬く間に人気を獲得する。2008年10月、シングル「DOLL」でメジャーデビューを果たし、2009年末に「第51回輝く!日本レコード大賞」で新人賞を受賞した。2013年3月にメンバーの念願だった大阪・大阪城ホールにてワンマンライブを開催し、2014年6月に神奈川・横浜アリーナにてガールズバンドとして23年ぶりとなる2DAYSのワンマンライブを成功に収めた。同年12月にニューアルバム「HELLO WORLD」をリリース。2015年1月からは全31公演の国内ホールツアーと、フランス、イギリス、アメリカ、香港、台湾、メキシコ、ドイツ、シンガポールといった国での初単独公演を含むワールドツアーを開催する。結成10周年記念日となる2016年8月21日には地元大阪の泉大津フェニックスで野外ワンマンライブを行い、2017年2月には10周年を記念したベストアルバム「SCANDAL」を発売した。2017年10月には初の対バンツアーを開催。さらに初の配信限定シングル「恋するユニバース」をリリースする。