音楽ナタリー PowerPush - 鬼束ちひろ

バンドで生み出す雑食サウンド

鬼束ちひろが自身のバンド「BILLYS SANDWITCHES」とともに、アルバム「TRICKY SISTERS MAGIC BURGER」を完成させた。本作で彼女は、バンドならではのカラフルなサウンドを聴かせたかと思えば、「これぞ鬼束ちひろ」とリスナーを唸らせる深遠な歌の世界も披露。彼女の振り幅の広さを存分に感じさせるバラエティ豊かな1枚は、多くの音楽ファンの琴線に触れるはずだ。ナタリーでは鬼束への単独インタビューを実施し、話を聞いた。

取材・文 / 大山卓也 撮影 / 佐藤類 ヘアメイク / 山崎アキラ(ARKSHIP)

 
mixiチェック

ポップな名前が欲しかった

──今回はバンド名義でのアルバムですが、2011年にナタリーでインタビューさせてもらったとき(参照:鬼束ちひろ「剣と楓」インタビュー)に、鬼束さんは「BILLYS SANDWITCHESっていうバンドを作りたいんです」っていう話をしてるんですよね。

ああ! そうでしたっけ!

──そのときはどこまで本気かわからなかったんですけど。

でも自分の中ではずっと思ってたのかも。ポップな感じの名前が欲しいなって。

──バンドの構想を具体的に考え出したのはいつ頃ですか?

鬼束ちひろ

ピアノの富樫(春生)さんとギターの友森(昭一)さんと一緒にやる中で、2人とも本当に素晴らしいアーティストだし、もっといろいろできそうだなって思って。それがきっかけですね。

──BILLYS SANDWITCHES名義のライブも以前観させてもらったんですが、鬼束さんのハジケっぷりが増していて、すごく楽しそうでしたね。

そうですね。大御所の2人ががっちりサポートしてくれたので。あと、私はステージに立つときに自分をモノみたいに扱うところがあるんですよね。

──どういうことですか?

エンタテイナーに徹しようと思ってる自分がいるんです。鬼束ちひろ名義でもBILLYS SANDWITCHES名義でも、どこまでエンタテインメントできるかっていうのを昔から考えてる。

──それはデビュー当時から?

デビューして2、3年ぐらいは手探り状態でしたけど、エンタテインメント気質みたいなのが、だんだん自分の中から出てきたんですよね。

──そのエンタテインメント気質っていうの興味深いですね。シンガーの人って、普通は自己表現だったり、自分の思いを伝えるために歌ってる人が多い気がするんですけど。

私は逆ですね。ライブとかコンサートっていう感じじゃなくて、「ショー」っていうイメージだし。どうやって「魅せる」かっていうことをすごく考えてる。

──なるほど。例えば鬼束さんはライブでギターを弾いてますけど、実際そんなに弾けるわけでもないですよね。

うん(笑)。

──でもエンタテインメントショーの演出として「魅せる」ために弾いている?

そうですね。

──ライブのMCもいつも独特ですが、あれも鬼束さん流のサービス精神なんでしょうか?

サービス精神っていうか……自分の中で日々遊んでる感じ、面白い感じを正直に出してるだけなんです。それでお客さんがたまたま笑ってくれるっていう(笑)。

素のキャラクターは出させてもらえなかった

──今言ったような鬼束さんのキャラクターやユーモアのセンスって、デビュー当時はほとんど表には出ていなかったですよね。

出させてもらえなかったんです。

──そのキャラを出し始めてからは、みんな「え? 鬼束さん今こんな感じになってんの?」って驚いたと思うんですが。

そう、そのおかげで、なんか今テレビの出演依頼がたくさん来るんですよ。出るかどうかは事務所にほとんどまかせてるんですけど。

──でも自分のそういう面を求められること自体は嫌じゃない?

嫌じゃないです。素なんで(笑)。でも基本はネガティブですよ。

──じゃあ家で1人でいるときなんかは……。

鬼束ちひろ

引きこもりです(笑)。街に出ると、物とか人とか街とかが自分の中にテロみたいに入ってくるんです。それを全部吸収してしまうから、めちゃくちゃ疲れるんですよ。感覚が鋭すぎるのかも。

──確かに街にいると情報量は多くなりますけど、普通の人はそれらをスルーして暮らしているわけですよね。

だから私が異常なのかもしれない。ものすごい入ってくるんです。だから軽く挙動不審な感じになる。

──感受性が豊かなんでしょうね。

例えば家にこういうものがあるとしたら(テーブルの上のコップを指差す)、これ見てもこれ見てもこれ見てもこれ見ても曲が書ける。4つあれば4曲書けるんです。もの書きとしてはどんどん作れるからラクなんですけどね。

鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES ニューアルバム「TRICKY SISTERS MAGIC BURGER」 / 2014年9月24日発売 / Gambit Records
初回限定盤 [CD+写真集] / 3780円 / XQMN-91001
通常盤 [CD] / 2700円 / XQMN-1001
収録曲
  1. BILLYS SANDWITCHESのテーマ
  2. ROAD OF HONESTY
  3. レディー・タイム・マシン・ブルース
  4. Dreamer Sonic
  5. I'm with your shadow
  6. Your Quiet Fantasia
  7. MAD MAN
  8. PSYCHO LADY'S RAIN
  9. 祈りが言葉に変わる頃(NAIL SCRATCH VERSION)
  10. あなたとSciencE
  11. The Way To Your Heartbeat
  12. The end of the flame of my eyes(※鬼束ちひろピアノ弾き語り)

鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES 1stアルバム発売記念グッズ ナタリーストアにて予約受付中!

鬼束ちひろ(オニツカチヒロ)

鬼束ちひろ

1980年生まれ、宮崎県出身のシンガーソングライター。2000年2月にデビューし、2ndシングル「月光」がテレビドラマ「TRICK」の主題歌に採用されて大ヒットを記録。翌2001年リリースの1stアルバム「インソムニア」がミリオンセラーとなり、一躍トップアーティストの仲間入りを果たす。2011年4月に自伝的エッセイ「月の破片」、6thアルバム「剣と楓」を発表し、2012年5月には洋楽カバーを中心としたアルバム「FAMOUS MICROPHONE」をリリースした。2014年9月には自身が率いるバンド「鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES」名義で、アルバム「TRICKY SISTERS MAGIC BURGER」をリリース。自由な発言と奔放なキャラクターでも人気を集めている。