ナタリー PowerPush - 水樹奈々

スタッフ一丸でゼロから作った熱血「なのは」物語

水樹奈々の通算28枚目となるニューシングル「BRIGHT STREAM」が完成した。今作には現在公開中の劇場版アニメ「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の主題歌であるタイトル曲「BRIGHT STREAM」と、バトルシーンに登場する挿入歌「Sacred Force」、そして地上波で放送中のアニメ「DOG DAYS'」のオープニングテーマ「FEARLESS HERO」の3曲が収録される。

水樹は2004年の「なのは」テレビシリーズ第1弾から、物語の軸となるキャラクター、フェイト・テスタロッサの声を務め、全シリーズを通じてテーマソングを担当してきた。彼女にとって大きな存在である「なのは」シリーズと、その最新作である劇場版アニメ第2弾。ナタリーではシングル発売に合わせ、彼女が歩んできた「なのは」との歴史についてじっくりと話を訊いた。

取材・文 / 臼杵成晃

 
mixiチェック

アフレコ段階でほぼフルカラー

──新曲「BRIGHT STREAM」は劇場版アニメ「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」の主題歌ということで、さっそく映画も拝見しましたが……ものすごい作品ですね。まだ観ていない周りの友達にも「なのは」の話をしたくてたまらない、妙なテンションになってしまって(笑)。

ありがとうございます。私も感動して「……はあー」ってしばらく余韻に浸ってました(笑)。もう予想以上のクオリティで。今回は2時間半という長編だったので、アフレコにも丸2日間かかりました。アフレコではほぼ9割、カラーで絵が揃っている状態だったんですよ。画面からもスタッフさんの気合が伝わってきて、収録にも熱がこもりました。実は長編映画となると、カット数も多いので、ここまでフルカラーに近い状態でアフレコに臨めることはほとんどないんです。

──よく話に聞くのは、線画で流れてくる印に合わせて声を当てるという……。

そうなんです。今回の作品はほとんどカラーの絵が付いていたので、キャスト陣みんな、まずそこにびっくりして。アフレコが今年の3月で、そこから公開に至るまでにさらに手直ししてパワーアップする……スタッフの皆さんは100を200にする作業をされてたんですね。映像もすごいし、音の付け方だったり、演出面でもすごくこだわりを感じて。映画版ならではの迫力と、テレビシリーズにはなかった追加シーンが入ることで、物語がさらにふくらみを増したなと感じました。

──やはり演じる上では、絵が出来上がっている状態だと力の入り具合も違うものですか?

はい! やっぱり現場のテンションはものすごく高かったです。マイク前に立ってるキャストの皆さんの姿が本当にそのキャラクターに見えてくるような(笑)。すごいシンクロ率で、スタジオの熱気もものすごかったです!

──2時間半という長い映画だけど、それこそ2時間半の間ずーっと圧倒されたまま、あっという間に終わってしまったような感覚で。

私も自分で演じているにもかかわらず、完成した作品を試写で観たときは、客観的な視線で画面から目が離せなくなって。2時間半ずっと同じ体勢で固まって観てたから、終わったときには首が痛くて(笑)。もう圧倒されっぱなしというか……しばらく放心状態で動けなかったです。すぐにもう一度観たいと思ってしまうような、すごいパワーを持った作品になったと思いました。

「なのは」はスタッフの皆さんとゼロから一緒に作ってきた作品

──主題歌「BRIGHT STREAM」と挿入歌「Sacred Force」を、実際に映像とシンクロした状態で聴いたときはどんな気持ちでしたか?

「もうすぐ来る! 来る! 来る!」って思いながら(笑)。そこは客観的にというよりは、本当にその、生みの親の気持ちというか、我が子がどんな風に独り立ちして皆様のところに歩いていくのかを見届けるような。我が子の公園デビューを見守るお母さんみたいな気持ちでしたね(笑)。カットの構成もバトルの音もすごくシンクロしていたので、本当によかった!! って。

──どハマりでしたね、まさに。

バトルシーンで流れる「Sacred Force」は、歌詞と戦いを挑むキャラクターの気持ちがすごくリンクしていて、カット割も計算したかのようにハマっていたのがすごく鳥肌モノでした。歌詞はHibikiさんと何度も打ち合わせをして一緒に構成していったんですけど、実際にどういうタイミングで曲が流れ始めて、どういうバトルが展開されるのかまでは曲を作っている段階ではわからないですから。でも不思議と、最初から全てのカットに合わせて書いたかのように、攻撃順番と歌詞の心情がシンクロしていて……はあ、もう、本当に良かったなあって。

──水樹さんは「なのは」のスタート時から深く携わっていますし、キャラクターの心情については深く理解していると思うので、このシンクロぶりには長年の愛情もにじみ出ているような気がします。

そうですね。「なのは」はスタッフの皆さんとゼロから一緒に作ってきた作品なので、特に思い入れが強い作品で……。原作のないオリジナル作品ということで、本当にゼロからのスタートだったんです。誰も「なのは」を知らないところから作ってきたものだから、やっぱり愛情も強くて。主題歌を作るときも挿入歌のときも、必ず脚本をしっかり読み込んで、原作の都築(真紀)先生ともお話をさせていただいてから制作に入るよう、ずっとこだわって作ってきました。自分もフェイト・テスタロッサとしてアフレコに参加していることもあり、ストーリーの奥深くまで入り込んでいるので、フェイトのフィルターを通しての世界観、客観的に観たときの感情、歌詞はその全てを交えながら書くようにしています。

──サウンドに関しては、毎回「この方向だ」という明確な指向は初めからあるのでしょうか?

毎回シナリオを読んだあとに「デモテープ会議」が行われるんですけど、明確な方向性を決めてから選ぶというよりは、もう感じるままに。作曲家さんにもシナリオに目を通して、絵を観た上で曲作りに入っていただいてるので、どの楽曲も大きく世界観がずれることはないんです。その中から、よりストーリーとリンクしているもの、聴いた瞬間にパッと映像が浮かぶものをいつもチョイスしています。自分の中で勝手にオープニングの映像をカット割りしちゃったり(笑)。

──「なのは」の音楽とはこういうものである、という自分の中のルールはありますか?

まっすぐで初々しい……とにかく真っ白で、無垢で、ピュアで、そして全力。それが「なのは」ですね。

「BRIGHT STREAM」は“ひと耳惚れ”した曲

──今回の主題歌「BRIGHT STREAM」はどうでしょうか?

この曲は、デモテープを聴いてイントロのピアノが流れた瞬間に「これだ!」って“ひと耳惚れ”した曲です。もうこれしかない!って。アフレコが終わってから制作に入ったので、実はアフレコをしたときにはまだ影も形もなかった曲なんですよ。その前にもいろんなデモテープを聴いていたんですけど、なかなか「これだ!」というものに巡り会えなくて。アフレコを終えて、デモテープ会議第4弾、第5弾ぐらいのときに、この曲のデモを聴いたんですね。聴いた瞬間に鳥肌が立って、メロディがスッと入ってきて。演じ終えたあとで、作品世界が体の中に入っていたこともあって、直感的にピンときたという感じです。

──実際、物語を象徴する主題歌として素晴らしい仕上がりですね。

今回の作品はテレビ版「リリカルなのはA's」のパワーアップリメイクなので、「A's」の主題歌だった「ETERNAL BLAZE」と、前作の映画(2010年1月公開「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」)の主題歌だった「PHANTOM MINDS」、この2曲の意志を継いだ曲にしたいなと思っていて。この2曲に登場する言葉をあえてもう一度使っていたり、これまでの「なのは」シリーズの曲ともシンクロさせることを意識して作りました。

──なるほど。音楽面、歌詞の上でも地続きになっているという。それは長年の「なのは」ファンにとってうれしい仕掛けですね。

ずっと「なのは」を観てくださってる方には、より感情移入していただけると思います。喜んでいただけるとうれしいです!

ニューシングル「BRIGHT STREAM」/ 2012年8月1日発売 / 1200円 / KING RECORDS / KICM-1403

CD収録曲
  1. BRIGHT STREAM映画 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」 主題歌[作詞:水樹奈々 / 作曲:吉木絵里子 / 編曲:藤間仁(Elements Garden)]
  2. FEARLESS HEROTVアニメ 「DOG DAYS'」 オープニングテーマ[作詞:藤林聖子 / 作曲:奈良悠樹 / 編曲:藤田淳平(Elements Garden)]
  3. Sacred Force映画 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」 挿入歌[作詞:Hibiki / 作曲:しほり/ 編曲:藤間 仁(Elements Garden)]
映画「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」大ヒット上映中!
水樹奈々(みずきなな)

プロフィール画像

愛媛県出身の声優アーティスト。1997年に声優としてデビューし、「魔法少女リリカルなのは」「シスター・プリンセス」「NARUTO -ナルト-」といったアニメ作品で人気を集める。2000年にはシングル「想い」で歌手デビュー。2009年6月にリリースされたアルバム「ULTIMATE DIAMOND」で、声優アーティストとして初のオリコンウイークリーチャート1位を獲得した。同年12月には「NHK紅白歌合戦」に初出場。以降、3年連続で出演を果たしている。2011年12月には声優アーティスト初の東京ドームコンサートを2日間にわたって開催し、大成功に収めた。2012年6月6日、通算27枚目となるシングル「TIME SPACE EP」を発表。8月1日には28thシングル「BRIGHT STREAM」がリリースされる。