THE イナズマ戦隊「LIVE GOES ON!」PR

THE イナズマ戦隊|ズッコケ続けて20年!これがオレらのバンド道!

日本クラウンと契約し、3度目の“メジャーデビュー”を果たしたTHE イナズマ戦隊。彼らが結成20周年記念盤「LIVE GOES ON!」をリリースする。今作は、現在の彼らのモードを体感できる新曲5曲を収録したDISC 1と、ライブでの人気曲をまとめたDISC 2の2枚組仕様。初回限定盤のDVDには2016年大晦日に行われたカウントダウンライブのドキュメント映像が収められる。

長いキャリアを通して熱いメッセージを発し続けてきたイナ戦だが、結成からの20年で彼らは何が変わったのか。そして20年経っても変わらなかったことはなんなのか。今回の特集では新作についての話題を中心にしつつ、これらの疑問について4人のメンバーに語り合ってもらった。

取材・文 / 土屋恵介 撮影 / 沼田学

ライブで表現できないものを作ってもダメ

──メジャー復帰作であり結成20周年記念盤でもある「LIVE GOES ON!」は、新曲5曲を収録したDISC 1と、ライブの人気曲を収録したDISC 2という構成になってます。まずはDISC 1の話ですが、曲を作るうえで20周年を意識したところはありましたか?

上中丈弥(Vo) 最初に「20周年を迎えるから今まで支えてくれた人に刺さる曲を書きませんか」ってディレクターに言ってもらってできた曲もあります。リード曲「赤い命が燃えている」なんかはそうですね。

久保裕行(Dr) DISC 1のほうは、最新のシングルを作るような気持ちでやらせてもらえたんです。なので、ちょっと肩の力抜けた「YAKINIKU」のような曲も入れられました。

──「赤い命が燃えている」は、前を向いて生きてる思いが詰まった軽快なロックチューンですね。

上中 やっぱり、一発逆転を狙うには人生は難しすぎると思いまして。だとしたら、確実な1日を重ねていくしかない。そういうのがカッコいいじゃないかっていうメッセージを込めた曲ですね。

──一発逆転って、昔は狙ってましたか?

上中 はい、昔は一発逆転ばっかり狙ってました(笑)。そんなことばっか考えて、目の前のお客さんが欲しがってるものじゃない曲を書いてた時期もあったかもしれない。ただ、一発逆転は難しいけど、上を目指すには努力しかないって思って。やっぱり、奇跡もミラクルも自分たちが動かないと起こらないんですよね。

──この曲のサウンドでこだわったところは?

上中 以前よりシンプルになってますね。前作「GALAPAGOS」でお世話になった、プロデューサーの名村(武。東京スカパラダイスオーケストラ、岡村靖幸、坂本龍一、キリンジなどの作品を担当)さんの意見を受けつつ作っていったんです。

山田武郎(G)

山田武郎(G) 名村さんとのやり方も2回目なので、今回の制作はよりスムーズでした。

久保 この曲はすごくシンプルな音でデモを作ってて、僕らはそれをバージョンアップさせたいって言ってたんですよ。でも1周して、名村さんから「これが一番いいと思う」って言われて原型に近いものなったんです。余計なものを付け足さないで仕上げていった感じですね。

──シンプルでストレートな感じが、今のイナ戦らしいなと。

上中 そうですね。足していくんじゃなく、引いていくカッコよさは、最近わかってきたことなんですよ。

久保 限界まで音を重ねるっていうのも経験したし、いろんなことを自分たちでやって、今に至るので。

上中 やたらストリングスを鳴らした時代もあったね。経験としてはよかったけど、ただオレらは「ライブこそが一番のプロモーション」って思ってるから、ライブで表現できないものを作ってもダメだなって(笑)。同期音源を入れてライブやったこともあったけど、面白くなくて悪循環だったし(笑)。今は、4人が出している音がはっきりわかるくらいシンプルなほうがいいなと思いますね。

どうだ見てみろ! 20年もくすぶってるんだぞ!

──歌詞で気を使ったポイントは?

上中 オレは、日常を切り取ったような、自分が経験したようなことしか力いっぱい歌えないんです。オレたちとリスナーの皆さんとで、普段の生活ってそんなに変わらないじゃないですか。あとは「ガッツいち押し!」みたいな歌詞。力いっぱい背中を押されないと動けない人もいると思うので。

──なるほど。

上中 イナ戦のお客さんが求めてるものをオレらは得意としてたのに、ちょっと前の自分たちはそうじゃないものを書こうとしてたんです。だから「原点に戻って曲を書いていきましょう」と何年か前から考えてて、それが一番ブラッシュアップされたのがこの曲です。「一日一歩を重ねてく 勇敢な人生だろ」って歌詞を書いたときに、オレ天才やなって思いましたもん(笑)。そしたらテレビ収録で歌ったときに、そこの歌詞が飛んでしまってひたすら汗かきましたけど(笑)。まあ、我ながら強いメッセージが歌えたと思います。

──「一日一歩を重ねてく」っていうのは、聴き手に向けたメッセージでもありつつ、皆さんがバンドを続けていく理由にもつながってるのかなと。

上中 あー、そうやなあ。

中田俊哉(B)

中田俊哉(B) 最近、ライブで丈弥の歌詞を横で聴いてると、20年やってるからか言葉の説得力を感じるんですよ。

上中 お前、横でそんなこと思ってるの?(笑)

中田 自分がそう思うんだから、お客さんもきっと感じてくれてるだろうなって。

上中 だったらええな。やっぱり、23歳のときに「若者よ!」って言っても、「お前も若者じゃないか」ってなるじゃないですか(笑)。書きたいことと年齢がやっと追い付いたというか。「書きたいことはあるのに経験してないから書けなかった」ってことが今は書ける。だから、ズッコケるべくしてズッコケてきたバンドなんやなって。

全員 (笑)。

上中 オレら、そうしないと届かないメッセージを歌ってきたのかもしれない。「どうだ見てみろ! この傷だらけの歌詞を! 20年もくすぶってるんだぞ!」みたいな(笑)。

──ズバッと飛び抜けて先に行く人よりも、日々1歩1歩進んでいく人のほうが世の中には確実に多いと思うんですよ。だからこそイナ戦の歌が響くと思うんです。そこが、バンドが支持され続けている理由の1つなのかなと。

上中 そうですね。イナ戦、歌いたいことはいっぱいありますからね。メッセージを書き続けられることが、もしかしたらオレたちのいいところかも。毎日失敗してるしな(笑)。見てくださいよ久保さんを。デビュー時から20kg太ってるんですから(笑)。

──久保さんは、ボディ的にも着実な成長を遂げていると(笑)。

久保 もう、毎朝絶望と共に起きますから。「今日もまた太ってるのかー」って(笑)。

全員 (笑)。

上中 それもさ、面白いよ。人生を豊かにしてるよ。こうやって人に楽しんでもらえる人生なんて最高ですからね。あとは結果が出たら最高やな。

──当然ですが、そこは目指し続けていると。

上中 もちろん、目指してます。

──「赤い命が燃えている」は、Amazonプライム・ビデオのオリジナルドラマ「ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~」の主題歌になっていますね。

上中 ドラマのあらすじだけさらっと聞きましたけど、ドラマのスタッフの方も「イナ戦らしいことをズバッと書いてくれ」と言ってくださったので、歌詞は言いたいことを書きました。そこはありがたかったですね。

THE イナズマ戦隊「LIVE GOES ON!」
2017年5月3日発売 / 日本クラウン
THE イナズマ戦隊「LIVE GOES ON!」初回限定盤

初回限定盤 [2CD+DVD]
3500円 / CRCP-40507~8

Amazon.co.jp

THE イナズマ戦隊「LIVE GOES ON!」通常盤

通常盤 [2CD]
3000円 / CRCP-40509~10

Amazon.co.jp

DISC 1収録曲
  1. 赤い命が燃えている
  2. Let's Go DO根性
  3. ドレミファソング
  4. あいせてますように
  5. YAKINIKU
DISC 2収録曲
  1. 応援歌 -20th anniversary ver.-
  2. オマエ・がむしゃら・はい・ジャンプ -20th anniversary ver.-
  3. 合言葉 ~シャララ~
  4. 各駅停車 -20th anniversary ver.-
  5. ジタバタダンス
  6. オマエだけを
  7. 涙のファイター
  8. 愛じゃないか -20th anniversary ver.-
  9. 喜びの歌
  10. Everything is gonna be alright
初回限定盤DVD収録内容
  • 「COUNT DOWN to 20th anniversary ~ゆくイナくるイナ~@福岡DRUM Be-1」ドキュメンタリー映像
ライブ情報
20th anniversary! THEイナズマ戦隊 JAPAN TOUR 2017-2018
  • 2017年5月20日(土)長崎県 DRUM Be-7
  • 2017年5月21日(日)大分県 DRUM Be-0
  • 2017年5月23日(火)宮崎県 SR BOX
  • 2017年5月24日(水)鹿児島県 SR HALL
  • 2017年6月2日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
  • 2017年6月3日(土)鳥取県 米子 AZTiC laughs
  • 2017年6月10日(土)奈良県 奈良NEVER LAND
  • 2017年6月11日(日)大阪府 club massive
  • 2017年6月16日(金)東京都 渋谷La.mama
  • 2017年6月23日(金)和歌山県 和歌山CLUB GATE
  • 2017年6月25日(日)滋賀県 B-FLAT
  • 2017年6月30日(金)長野県 ALECX
  • 2017年7月1日(土)富山県 Soul Power
  • 2017年9月2日(土)静岡県 Shizuoka UMBER
  • 2017年9月9日(土)徳島県 club GRINDHOUSE
  • 2017年9月10日(日)愛媛県 松山サロンキティ
  • 2017年9月15日(金)秋田県 秋田LIVE SPOT 2000
  • 2017年9月16日(土)岩手県 the five morioka
  • 2017年9月21日(木)北海道 帯広Rest
  • 2017年9月23日(土・祝)北海道 CASINO DRIVE
  • 2017年9月29日(金)埼玉県 西川口Hearts
  • 2017年10月9日(月・祝)千葉県 千葉LOOK
  • 2017年10月14日(土)山梨県 甲府Conviction
  • 2017年10月15日(日)岐阜県 yanagase ants
  • 2017年10月20日(金)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
  • 2017年10月21日(土)茨城県 mito LIGHT HOUSE
  • 2017年10月27日(金)群馬県 高崎club FLEEZ
  • 2017年10月28日(土)神奈川県 横浜BAYSIS
  • 2017年11月2日(木)三重県 club chaos
  • 2017年11月4日(土)山口県 LIVE rise SHUNAN
  • 2017年11月5日(日)島根県 松江 AZTiC canova
  • 2017年11月11日(土)沖縄県 桜坂セントラル
  • 2017年11月22日(水)福島県 Out Line
  • 2017年11月23日(木・祝)山形県 山形ミュージック昭和Session
  • 2017年11月25日(土)新潟県 CLUB RIVERST
  • 2017年11月26日(日)福井県 福井CHOP
  • 2018年1月13日(土)福岡県 DRUM LOGOS
  • 2018年1月14日(日)佐賀県 SAGA GEILS
  • 2018年1月16日(火)熊本県 熊本B.9 V1
  • 2018年1月20日(土)京都府 KYOTO MUSE
  • 2018年1月21日(日)兵庫県 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
  • 2018年2月10日(土)岡山県 MO:GLA
  • 2018年2月12日(月・祝)大阪府 BIGCAT
  • 2018年2月17日(土)香川県 高松DIME
  • 2018年3月3日(土)石川県 金沢gateBlack
  • 2018年3月4日(日)愛知県 ell.FITS ALL
  • 2018年3月17日(土)青森県 青森Quarter
  • 2018年3月18日(日)宮城県 enn 2nd
  • 2018年3月21日(水・祝)北海道 札幌KRAPS HALL
20th anniversary! THEイナズマ戦隊 TALK LIVE「What is 日比谷野音?」
  • 2017年5月18日(木)福岡県 ROOMS
  • 2017年5月26日(金)大阪府 ロフトプラスワン ウエスト
  • 2017年9月3日(日)愛知県 池下CLUB UPSET
  • 2017年9月8日(金)香川県 SPEAK LOW
  • 2017年9月12日(火)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
  • 2017年9月18日(月・祝)青森県 BAR SPACE 1/3
  • 2017年9月24日(日)北海道 BESSIE HALL
  • 2017年11月18日(土)東京都 LOFT9 Shibuya
THE イナズマ戦隊(イナズマセンタイ)
THE イナズマ戦隊
上中丈弥(Vo)、山田武郎(G)、中田俊哉(B)、久保裕行(Dr)からなる、歌心あふれるメロディと力強いバンドサウンドが魅力の4人組ロックバンド。1997年に北海道札幌市で結成され、2003年2月にシングル「月に吠えろ」でメジャーデビュー。リリースに連動して年間100本を超えるライブツアーを敢行し話題を集める。2010年にSony Music Artistsが新たに立ち上げたSMALLER RECORDINGSに移籍。近年では上中が作詞家として、関ジャニ∞「ズッコケ男道」「無責任ヒーロー」やKis-My-Ft2「Everybody Go」「We never give up!」などジャニーズ関連の楽曲制作に参加していることでも知られている。2013年には、ドラマ「Y・O・U やまびこ音楽同好会」の主人公である桐谷健太演じる河野勇作とコラボレートした、同番組の主題歌「喜びの歌」をリリース。2016年7月には名村武プロデュースのアルバム「GALAPAGOS」を発売した。結成20周年を迎える2017年に日本クラウンに移籍し、5月に2枚組CD「LIVE GOES ON!」をリリースする。