お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

映画「TSH」初日舞台挨拶にダチョウ上島、竹山が登壇

89

昨日8月31日、映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」初日舞台挨拶が東京・新宿ピカデリーにて行われ、キャストのダチョウ倶楽部・上島、カンニング竹山らが登壇した。

本作は、NHKの人気番組「タイムスクープハンター」を脚本・演出を手がけている中尾浩之が映画化した作品。タイムスクープ社のエージェント・沢嶋雄一を要潤、古橋ミナミを杏が演じているほか、竹山は同社に所属する谷崎勉役、上島は豪商・島井宗叱役で出演している。

劇中で泣かせの演技を見せている上島は「こんなに素晴らしい作品に出演させていただいて、本当に申し訳ありません(笑)。素敵な俳優さんたちに囲まれて僕が俳優だなんてとんでもない」と感謝のコメント。作品のファンだったことが高じて出演を果たした竹山は「上島さんが撮影前に『時代物でセリフが難しいから出たくない』と泣きついてきた」と暴露して笑いを誘った。

監督は「映画もテレビシリーズもまだまだ続けていきたいと思っています」と意欲を表したほか、「ご友人、ご家族を連れて何度でも見に来てください」とPR。主演の要は「我々の戦いは始まったばかり。これからも沢嶋雄一として皆さんにたくさん目にかかれるように頑張っていきたいと思います」と作品への強い熱意を語った。

お笑いナタリーをフォロー