お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ダチョウ上島「劇場版タイムスクープハンター」PRで冴える

91

映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」ヒット祈願イベントが本日8月5日、東京・神田明神にて行われ、ダチョウ倶楽部・上島らキャスト陣が登場した。

本作は、既報の通りNHKのフェイクドキュメンタリータッチの歴史教養番組「タイムスクープハンター」が映画化されたもの。日本史上最大のミステリーとされる「安土城消失の謎」を、時空ジャーナリスト・要潤らが追っていく。8月31日(土)より東京・新宿ピカデリーほかにて全国公開。イベントには上島のほか、要潤、夏帆、時任三郎と、中尾浩之監督が登場し、神田明神の本堂内で祈祷を受けた。

上島は、時任演じる侍の護衛を務める豪商・島井宗叱役で本作に出演。祈祷後に行われた会見では、自身の出演について「このテレビシリーズの大ファン。映画に出られるのが光栄。試写で観て、スケールが大きくて感動している」と挨拶したほか「できれば熱湯風呂とおでんも入れてほしかった(笑)」と自身の芸風に寄せて話した。

本作の内容にかけて「タイムスリップできるなら、どの時代に行きたい?」と取材陣に尋ねられると、要が恐竜のいる時代、夏帆がバブル期と答える中、上島は「今を生きることで精いっぱい!」と告白。さらに「デビュー当時に行って、ダチョウ倶楽部に寺門を入れないようにしたい」と寺門ジモンをイジり、取材陣の笑いを誘った。

イベントでは写真撮影の際、おなじみの「どうぞどうぞ」のギャグを俳優陣とともに披露する場面もあり、上島は「みなさまお上手でした。品も間もよかったね」と満足げ。最後に取材陣から「安土城で一発ギャグを」と無茶ぶりされると、ふっと肩を落としてうなだれながら「……どうも、“安土・ジョー”です」と「あしたのジョー」の矢吹丈を思わせる物憂げなトーンでつぶやき、一瞬にして会場を笑いで支配する冴えを見せた。

お笑いナタリーをフォロー