お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

カンニング竹山がダチョウ上島のキス制止「TSH」試写会

62

ダチョウ倶楽部・上島とカンニング竹山が、本日8月5日に東京・明治安田生命ホールにて行われた映画「劇場版タイムスクープハンター 安土城 最後の1日」完成披露試写会の舞台挨拶に登壇した。

本作は既報の通り、NHKの人気番組「タイムスクープハンター」の映画化。8月31日(土)より東京・新宿ピカデリーほかにて全国公開される。上島は豪商・島井宗叱役、竹山はタイムスクープ社に所属する谷崎勉役で出演。もともとこの番組のファンだという竹山は「いつの間にか『タイムスクープ社』の社員になっていた! こんなに嬉しいことはない」と笑顔で話した。同日行われたヒット祈願イベントに続く登場となった上島は「監督がとにかく褒めてくれる。アゲアゲでやってくれる」と撮影を回想。本作の中尾浩之監督は、以前ショートフィルム「LINE」の撮影でも上島を起用しており「俳優として芝居がすばらしい」とその演技を称えた。

舞台挨拶の最後を締める一言をMCのコトブキツカサに求められた上島が「俺じゃないよ!」と拒否すると、ここからダチョウ倶楽部の定番ギャグ「どうぞどうぞ」の流れが主要キャストの要潤や夏帆を巻き込んで実現し、客席からは拍手と笑いが。また上島が「言い争いの末のキス」のくだりを、要や夏帆を相手に強引に披露しようとするも、竹山に「できるわけないだろ! やってくれるのは出川さんだけだよ!」ときつく制されていた。

お笑いナタリーをフォロー