お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

笑い飯哲夫、手塚治虫「ブッダ」映画第2弾で声優初挑戦

54

来年2014年2月8日(土)に全国公開されるアニメ映画「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ ─終わりなき旅─」で、笑い飯・哲夫がブラフマンの声優を務めることが明らかになった。

これは、手塚治虫が独自の解釈でシャカ国の王子・シッダールタの生涯を描いたマンガ「ブッダ」の映画化第2弾となる作品。2011年5月には第1弾「手塚治虫のブッダ ─赤い砂漠よ!美しく─」が公開された。仏教フリークの哲夫は第1弾のPRイベントに起用されており、「1作目はシッダールタが悟りを開くまでの話が中心。続編がある際は悟りを開いたブッダ役の声優を僕にやらせてくれます?」と自らアピールしていたという。そんな哲夫の仏教への造詣の深さに感心した制作サイドが、シッダールタに進むべき道を示すブラフマンの役を依頼した。

哲夫は「手塚先生の『ブッダ』は、高校の図書館に全巻揃ってたので読みました。マンガを読んでいるという不良性を誇示しながら、実は仏教に興味深々だったんです。今回いただいた役のブラフマンが出てくるのはストーリーの中でも大事な場面なので、僕がしゃべった瞬間に映画館で失笑をいただかないように、ヘリウムガスを吸いながら録音できたらと思ってます」と芸人らしくコメント。さらに「初めて映画の声のお仕事をいただいたので、今から映画館に観に行くのが楽しみです」と語っている。なお、哲夫は今作で声優初挑戦となる。

哲夫のほか、マーヤー天役に吉永小百合、シッダールタ役に吉岡秀隆、タッタ役に松山ケンイチと、豪華キャストが決定している。また、このたび特報映像が本作オフィシャルサイトにて公開された。

お笑いナタリーをフォロー