お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

尾形引退説、ダウンタウンDXにパンサー初登場

37

昨日8月1日、「ダウンタウンDX」(読売テレビ・日本テレビ系)の収録が都内で行われ、パンサーが初めてゲスト出演した。

収録では、観客の歓声によりしょっぱなからダウンタウンにイジられていたパンサー。ゲストには木村祐一もおり、何かとかまってもらえるありがたい環境に。各コーナーでは、それぞれにスポットライトが当たる場面もあり、しっかりとトークを展開していた。もちろん尾形の個性も十二分に発揮。果たしてこれが吉と出たのか凶と出たのか。収録後の感想では、3人とも緊張のあまり呆然。尾形の妙な意気込みにより、なぜか尾形引退説も飛び出したが、2人は止めることはなかった。放送は9月5日(木)の予定。ぜひお楽しみに。

パンサーのコメント

――収録を終えた今の気持ちは?

尾形:とりあえず終わったというか、何にも覚えてない……。ダウンタウンさんがめっちゃ優しかったことしか覚えてない。

向井:ダウンタウンさんも、木村さんも、ほかのゲストのみなさんも、こんな優しいかっていうくらい優しかった。

尾形:自分がこの番組に出るっていう想像がつかない。出てたんですよね?

向井:最初は勢いよく喋ってましたけど……、2コーナー目はどっか行ってました?

尾形:キ、キオスクに……。

――誰かにこの番組の出演を相談しましたか?

菅:しずるに聞いたんですけど、「緊張するな」と。何の役にも立たない。緊張しますよ。

――今後の目標は?

尾形:次回呼んでもらえたら新しいパンサーを見せたいですね。

菅:新しいとか尾形さんに言われても。11年「サンキュー」と「メンタル」しかやってないのに。

尾形:メンタル使うの忘れてました……。

向井:使わなくていいから。

尾形:来年に向けて頑張ろう! 頑張ろう! 頑張ろう! な!!

――読者にメッセージをお願いします。

向井:ダウンタウンDXに出てる僕らっていうのが、ちょっと自分で感動ですね。昔から応援してくださってた方には、ダウンタウンDX出るようになったんだっていう、親心的な感じで見守っていただけたら。

菅:松本さんにも浜田さんにもイジっていただいて、もうほんと感無量でございます。

尾形:僕は、もうほんとにダウンタウンさんが一番憧れの芸人さんだったんで、ダウンタウンさんチルドレンとして……。

向井:チルドレンを語っちゃダメだよ。

菅:何にも吸収してない。

向井:見て育ったのに、よくこうなりましたね。

尾形:こうして一緒に仕事できたことで、僕もう辞めてもいいなって。

向井・菅:お疲れ様でした。

尾形:思っただけよ! 思ったからそれを吹っ切って何も怖くなく進めたってこと!

向井:最後の尾形さんの姿がこの番組。

菅:引退試合がダウンタウンDXってすごい。

尾形:違う! 引退じゃない! そういう気持ちでこれからも頑張ります! これからのパンサーよろしくお願いします!

ダウンタウンDX

読売テレビ・日本テレビ系 2013年9月5日(木) 22:00 ~ 22:54
<出演者>
MC:ダウンタウン
ゲスト:パンサー / 木村祐一 ほか

お笑いナタリーをフォロー