お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

秘話満載の「LIFE!」会見、内村が語るスタジオコント愛

69

昨日8月16日、内村光良がメインキャストを務めるコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」(BSプレミアム)の収録が行われ、内村が番組について語った。

既報の通り、出演者は内村のほか、ココリコ田中、ドランクドラゴン塚地、我が家・坪倉、西田尚美、塚本高史、星野源、石橋杏奈。番組では、毎日を懸命に生きようとするからこそ突き当たる人生の可笑しさや哀しさをオムニバス形式のコントで描く。

昨日は内村、坪倉、石橋出演のコント「下柳秀明49歳 恋愛年齢15歳」などを収録。このコントを終えた直後に会見を行った内村は、「一番難しかったです、49歳の独身男をどう見せるのか。こういう格好って昔ホリケン(ネプチューン堀内)がやってたりとか、塚地が得意とするところなので、どう差別化するか。探りながら終わりました(笑)」と感想を述べた。これより前に田中と行ったコントに関しては「淡々とした中で、舞台の宇宙空間と相まって静かな会話劇に。こういうのはこれまでやったことがなかったです。40代にしかできない、俺と田中にしかできない顔芸だったと思います」と手応え。「田中とは久しぶりですが、どんなアドリブを言っても拾ってくれるので、非常にリラックスして勝手にやらせてもらってる感じです」と語った。

NHKのコント番組については「『サラリーマンNEO』を恨めしく思ってました(笑)。半年やって半年休むって素晴らしい。ネタが枯れずに続けていけるので、うらやましいです」とコメント。また松本人志の「MHK」については「松ちゃん自由にやってるなって(笑)。松ちゃんの世界があるので、孤高の戦いをやってたんじゃないかと思います」と言葉少なに貴重な感想を明かした。また、ガラスに突っ込むシーンでは、事前に実際の大道具を使ってリハーサルができたことに「ものすごくお金があるんだなと思いました。ありがたい」とビックリ。さらには「コントで使ってるのが初めて」と、ステディカムでの撮影も行われたということで、「田中に『これがステディカムだ!』って教えましたもん」とテンション高くそのときの様子を説明した。

コントに関しては改めて「得意分野なので続けていきたい」という内村。「スタジオコントが一番好きなのかなと。『夢で逢えたら』とかあの空間が好きでしたね。お客さんがいなくて、スタッフの笑いを頼りにして。毎回やるたびに『俺、好きだわ』と思う」と振り返った。また、「20代は体のキレがすごかった。今思い返すとよくあんなにツッコんだりできたな」と苦笑い。「今は持久力がないから一発勝負に賭けないといけない。ただ20代で足りなかった芝居は今の方が」と自身の変化についても触れた。

現在内村は、映画監督として、お笑いコンビを描いた鈴木おさむ原作の映画「ボクたちの交換日記」を制作中。その際、久々にコントを書いたそうで「劇中でコントをやるので、久々にすっごい書きました。デビュー時代くらい。いわゆる舞台の上での2人のコント、うちらが昔やってたショートコントみたいなのを」と明かした。

最後に今後コントで共演したい人ということで、昔から好きだという西田敏行の名を挙げた内村。「大河ドラマ風の大芝居がいい。侍とか武将みたいな。重い感じのものをやってみたいです。楽しそうだなと思います」と期待を込めた。番組の放送は9月1日(土)。果たしてどんなコントに仕上がっているのかお楽しみに。

LIFE!~人生に捧げるコント~

BSプレミアム 2012年9月1日(土) 22:00 ~ 22:59
<出演者>
内村光良(ウッチャンナンチャン) / 西田尚美 / 塚本高史 / 星野源 / 石橋杏奈 / ココリコ田中 / ドランクドラゴン塚地 / 我が家・坪倉

お笑いナタリーをフォロー