お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「佐久間さんありがとー!」ウレロDVDイベントレポート前半

119

DVD-BOXは5枚組1万5960円という商品にもかかわらず、この日のイベントには1500人が来場。屋外が雨ということもあり、イベントは屋内で2回にわけて行われることとなった。

1回目のオープニングセレモニーには「ウレロ☆未確認少女」(テレビ東京系)で作曲家として名曲を生み出した角田役の東京03・角田がギターを携えて舞台へ。「どーも、作曲家の角田です。ライブハウスでやってた頃は全然お客さんいなかったけど」と、目の前にいるあふれんばかりの観客に感謝した。「何ができるかって考えたけど」と語り始めると、会場からは「ハゲ!」と掛け声が。「ハゲって何だ!」と言い返しながら「俺のくだらねぇ歌を聴いてもらうことしかできない」と、「We Are UFI!!!!」アコースティックバージョンを披露した。角田が歌に酔いしれていると、会場上手から疾風のごとく、升野ことバカリズムの跳び蹴りが炸裂。「おめーちょっと歌下手になってんじゃねーかよ!」という本気のダメ出しに、角田も「こんなに音程とれないことこれまでなかった」と苦笑した。

その後全員が舞台に現れると、番組などで共演する芸人陣と違い、早見は2カ月ぶりの再会ということで、ひとりが早見に「何してたの?」と質問。「音楽の授業でギターを練習した」ということで、角田のギターを使ってその腕前を披露する流れに。しかし早見は番組ファン懐かしの“生理的に無理”な態度で「角田さんのギターを触るのは……」と苦い顔。川島らも「触るとハゲる!」と一旦止めた。

その後、相内優香テレビ東京アナウンサー司会のもと、オフィシャルサイトやTwitterに寄せられた質問を紹介。「一番楽しかったくだりはなんですか?」という質問には、ひとりがつれなく「昔のことだから、正直覚えてま……」と言ったかと思うと、「せっんー!」とおどけ、番組内で流行ったくだりを観客も一緒に楽しんだ。「イメージが変わった人は?」「飯塚さんメール返ってきましたか?」「ウレロでやり残したことは?」などの質問に答える中、早見とバカリのケンカが再燃しそうになる場面も。また裏話も続々飛び出し、DVD購入者には楽しみな隠れたチェックポイントなども明らかになった。

プレゼント抽選会では、番組内で使われたポスター、ジャイアントスクールの決定稿、バカリが書いた角田の似顔絵、豊本のアニメTシャツという貴重なグッズがお目見え。さらに、すべてに出演者のサインが書き込まれた全12話の台本まで飛び出し、それぞれラッキーなファンの手に渡った。

するとひとりが「もう1つプレゼントがあります。ケータイの電源を入れて、ウレロのサイトを見てください」と促すと、確認した観客からは「え!?」という声が。そこには「特報!!! シーズン2決定!! 7月~」という文字が掲載されており、ひとりが「というわけで、決定でーす!」と言うと会場中が拍手喝采となった。飯塚は「また夢の続きが見られる」と目を細め、バカリは「僕が一番(シーズン2実現のために)DVDの宣伝を頑張った」と、シーズン2決定に感無量。豊本は佐久間宣行プロデューサーに「シーズン2がなかった場合、本当の『Shit!』が出る」と言っていたということで、ひとりから「うれShit?」と聞かれたことから、観客全員で縁起がいいという「うれShit!」を唱和する流れに。最後はシーズン2を実現してくれた佐久間プロデュサーに全員で「佐久間さんありがとー!」と感謝。大きな拍手の中、1回目のイベントは終了した。2回目のイベントは追ってレポートする。

お笑いナタリーをフォロー