お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

Twitterに貴重写真アップ、若林が語る「たりないふたり」

160

11月12日(土)、東京・草月ホールにて南海キャンディーズ山里とオードリー若林によるライブ「たりないふたり」が開催。これに伴い若林がインタビューに応じた。

「たりないふたり」は、ライブやテレビで人気を博した「潜在異色」から生まれたユニット。“人としてたりない”部分が多いという彼ら2人がそのたりなさをネタに、普段のそれぞれのコンビとはまったく異なる漫才を繰り広げてきた。

2人は2年ぶりとなる「たりないふたり」ライブに向けて、9月末からTwitterを始動。本日11月4日にアップされた最新のつぶやきには、「たりないふたり」最初の打ち合わせという貴重な写真が掲載されている。写真には彼らのための打ち合わせにもかかわらず、話し合いづらいポジションをとり、笑顔ながらも視線が行き違う2人の姿が。インタビューでは、若林が山里との最初の出会いや、これまで「たりないふたり」の会議で交わした会話についてもコメントしているので、ぜひ合わせてチェックしてほしい。

なお、12日のチケットはすでに完売。当日券の発売情報は今後発表される予定となっている。

オードリー若林インタビュー

――山里さんと初めて会った時のことを覚えてますか?

確か、日本テレビの安島ディレクターと飲み屋で3人で会ったのが最初だったと思うんですけど……。もしかしたら違うかも(笑)。いや、「潜在異色」の時かな。僕、山里さんがすごく面白いと思ってて。「山里ツッコミ27連発」っていう動画があったんですけど、それをずっと見てたんですよ。それを安島さんに伝えたら、会うことになったと。

――「たりないふたり」を始めるきっかけは?

これ面白くて、面白くてって言うのもなんなんですけど(笑)。俺が安島さんと飲んでる時に言ってる愚痴が、山ちゃんが2年前に言ってる愚痴とまったく一緒だと。「M-1グランプリ」で2位になって注目を浴びて、テレビの世界に出ていってっていう道のりが。そこで安島さんが「ふたりは似てるんじゃないか」って。だからその愚痴をツッコむんじゃなくて2人でやっちゃうという流れになりました。

――実際にコンビを組んでみていかがですか?

実際、“たりないふたり”ですってやってるんですけど、本人がどう思ってるかわかりませんが、山里さんの方が圧倒的に面白いんですよね。ワード多いし。ただこういうこと言うとハードル上がって互いに探り合いになって、38度線のようなことになってしまうんですが(笑)。全部の回で10対0で負けてると思うし。結局山里さんが面白いってことで終わってる気がしてます。

――ネタはどのように作ってるんですか?

山里さんがベースだけ作ってくれるんですけど、僕がここで何言うかなっていうものわかってくれていて、空欄みたいにしてくれるんですよ。でも2年前にやった漫才で、山里さんと安島さんが僕がいないところで「あのワードは一般的じゃないんじゃないか」って話になったらしく、2年越しでダメ出しされたんですよ(笑)。「鳥瞰図で見ると楳図かずおの家」っていうセリフで、“鳥瞰図”と“楳図かずおの家”というの言葉は伝わりづらいんじゃないかと。2人が、漫才として“鳥瞰図”はドンと耳に入る文字じゃないから、(若林に)変えてもらおうか、ということで、僕にやんわり言ったら、俺が「いや、あれ絶対言いたいです」って言って。で、実際ウケてないんです、そこ(笑)。それを2年越しで言われました。「若林君はウケるウケないじゃなくて、言いたいこと言うから」と。山里さんは結構キャッチーで、ウケるという幅の中で考えてますよね。たしかに山里さんの番組見てると、もう彼は天才じゃないですか。自分的には、勝てるわけないと思ってます。そうやって凹まないと俺頑張らないから、凹むためにやってるところもありますね。

――Twitterはやってみてどうですか?

まったく、やってる人の気持ちが理解できない(笑)。山里さんとやってるから、楽しくて、どんな返しくるのかなとか、こう言ったら山ちゃんどう動くのかなっていう思いがすごくあります。

――山里さんから「やられた」っていう返しはありますか?

うーん、出してきますよね、やっぱり。出してくるし、まとめるのが早いし、すごいなと思いますね。僕あんまやり方がわかんないから、山里さんの返しがとにかく毎回楽しみって感じですね。

――この2年で自分が変わったなと思うところはありますか?

1回目の「たりないふたり」ってM-1の半年後くらいで、ネタ以外の番組も入り始めてたんですけど、今振り返ると……今振り返るとですけど、これ結構根深くて(笑)。それ以前のテレビの仕事してない時って、なんか、“ぶって”ね、自分の好きな映画しか観ないし、マニアックなフランスの映画とか、変拍子のバンドばっか聴いて、純文学ばっか読んで、あのスタイルの漫才も、ちょっとチヤホヤされたくて「正統派じゃないですよ」って面でやりたいわけじゃないですか(笑)。けどその後、テレビの王道をまともに食らって。しかもそれまでテレビもそんなに見てないですからね。っていうところで「たりないふたり」1回目だったから、まぁフラストレーションが出てましたよね。だけど、この2年で多くのことを知ったし、自分のこともわかったし。2年経って、ちょっとボケ寄りなんだなっていうのをすごく思いましたね(笑)。

――今回どんな「たりないふたり」になりそうですか?

今回サトミっちゃん(どきどきキャンプ佐藤)も入ってくれてて、最初4人で「全然違うことをやろうか」って話も出たんですけど、やっぱりこれまでの外枠はなぞって、この2年間でどう変わったかを見せようと。そういう意味では山里さんは変わってないかもしれないですね。俺はライトというか、マイルドになってると思うんですよ。これまで社会経験したことないような感じでいたんですけど、成長というか、大人になって。諦めるというかビール飲んで寝る感覚。みんな新橋で酒飲んでる理由がわかってきて(笑)。ただ、抑えてる部分はあるから、それがこのライブで出るのかどうなのか。どっちに転ぶのか。これ最近わかったことなんですけどね、俺のその辺の衝動は「たりないふたり」にも意外と受け皿がなかった(笑)。

「たりないふたり」

日時:2011年11月12日(土) 18:00開場 18:30開演
会場:東京・草月ホール
出演者:南海キャンディーズ山里 / オードリー若林
料金:3800円
チケット:チケットぴあ Pコード416-067

お笑いナタリーをフォロー