お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「調子乗るくらいの手応え」ひとり、バカリ、東京03が新番組会見

92

本日10月4日、東京・テレビ東京スタジオにて、新番組「ウレロ☆未確認少女」の会見が行われ、劇団ひとりバカリズム東京03、早見あかりが出席した。

これは、とある弱小芸能事務所を舞台とするシチュエーションコメディ番組。ひとりはアイドルグループUFIを売り出そうとする事務所の社長、バカリはプロデューサー、東京03・角田は楽曲担当、東京03・飯塚はマネージャー、東京03豊本は事務所バイト役を演じる。

佐久間宣行プロデューサーは「大好きなスタッフと、東京の板の上で面白い人たちと番組をやりたいと思っていたら、会社が企画を面白いと言ってくれて、奇跡的にやりたいことができました。シチュエーションコメディを越えたたくさんの仕掛けを用意しているので、楽しんでもらえたら」と挨拶。続いて、劇団ひとりが「こういう番組をやるのが芸人として夢でした。けど、やったらやったで大変だなと。稽古となると朝から晩まででギャラに合わない(笑)。皮肉なものでそういうのがやりがいのある仕事で」と楽しそうに語った。

続いてバカリズムは「この番組でお笑い界に新風を巻き起こしたいと思っております!……風穴を開けて生ぬるいこの世の中にドロップキックをかましたいです。一生懸命頑張ります!」と並々ならぬ決意を表明。角田は「念願のシチュエーションコメディがやれると喜んでます。単独と両立させて頑張ります! 単独ライブもよろしくお願いします!」と会場を笑わせた。飯塚は「僕もずっとこういうことがやりたくてこの世界に入ったようなものなので、セット見たときに夢かなって。もういいかなと(笑)」と感無量の様子。豊本は「すごく嬉しいです。10年前から一緒にやってたメンバーなので、なぁなぁにならないようにしないと。ただ、途中インターネットラジオの仕事で稽古を抜けたら烈火のごとく怒られたんですよ。1つ1つの仕事を頑張ります」と、出演者間の仲のよさをうかがわせた。

1回目の収録の感想を聞かれたひとりは「調子乗るくらい手応えありすぎて」とコメント。観客を入れての収録ということで角田は「緊張するけど、笑いがくるとその分テンションがあがる」と語り、すかさずひとりが「豊本が」と暴露した。豊本は「ウケてるからいいじゃない!」と反論。その後、この日高校生の早見に代わって稽古に来た代役がかわいかったという話で盛り上がった出演者陣は、「飯塚がその子にちょっとね」と飯塚をいじり始め、否定する飯塚を「いーよ、いーよ」と収めるなど、ワイワイとやりとりを繰り広げた。放送は今週末10月7日(金)深夜から。

「ウレロ☆未確認少女」

テレビ東京 2011年10月7日(金) 24:53 ~ 25:23

出演者:劇団ひとり / バカリズム / 東京03 / 早見あかり

お笑いナタリーをフォロー