シソンヌじろう脚本の刑事ドラマ、豊川悦司&中村倫也が型破りなバディに

1770

シソンヌじろうがAmazon Prime Videoオリジナルドラマ「No Activity/本日も異状なし」の脚本を担当した。

「No Activity/本日も異状なし」キービジュアル (c)2021 Amazon Content Services LLC

「No Activity/本日も異状なし」キービジュアル (c)2021 Amazon Content Services LLC

大きなサイズで見る(全2件)

12月17日(金)に全6話が一挙配信開始される「No Activity/本日も異状なし」は、英勉が監督を務め、豊川悦司中村倫也が共演する刑事ドラマ。敏腕っぽい見た目に反して昇進とは無縁の“警視庁のお荷物”ベテラン刑事・時田(豊川)、聞き上手で人たらし、自動車学校の教官から警察に転職してきた異色の新米刑事・椎名(中村)という2人が“型破りなバディ”となり、張り込み中に予想外の事件を巻き起こしていく。

じろうは「豪華なキャストの方々に出演していただけることを知ったとき、『とんでもない案件に関わってしまった……』とおそれおののきました。個性の強いキャラクターたちの会話劇を、監督がどのように仕上げてくれたのかが楽しみでなりません」とコメント。また豊川は「じろうさんの脚本がとても面白く、セリフ1つひとつに説得力がありました」と作品の魅力を語り、「登場人物たちのユーモア溢れる掛け合いを楽しんでください」と視聴者に呼びかけた。

シソンヌじろう コメント

豪華なキャストの方々に出演していただけることを知ったとき、「とんでもない案件に関わってしまった……」とおそれおののきました。個性の強いキャラクターたちの会話劇を、監督がどのように仕上げてくれたのかが楽しみでなりません。

豊川悦司 コメント

じろうさんの脚本がとても面白く、セリフ1つひとつに説得力がありました。相方が中村倫也さんだったこともあり、とても楽しそうな企画でぜひ参加したいと思いました。登場人物たちのユーモア溢れる掛け合いを楽しんでください。

中村倫也 コメント

刑事ドラマなのにほぼワンシチュエーションの設定で、どうしようもない会話だけで物語が進んでいくという、日本では珍しい作品だと思います。この作品であれば楽しそうなことできるなと思いました。豊川さん演じる時田とのちょっと変わったバディ感を楽しんでください。

英勉 コメント

じろうさんが苦労して書かれた脚本が素晴らしく面白かったです。俳優陣の演技も素晴らしいので、これまでにない刑事ドラマに仕上がっていると思います。ぜひご期待ください。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

シソンヌのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 シソンヌ / 豊川悦司 / 中村倫也 / 英勉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。