「キネマの神様」志村けんの代役は盟友・沢田研二「やり遂げる覚悟です」

708

山田洋次の最新監督作「キネマの神様」で、志村けんの代役を沢田研二が務めることがわかった。

「キネマの神様」メッセージビジュアル

「キネマの神様」メッセージビジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

松竹映画100周年を記念する作品として制作中の「キネマの神様」は、原田マハの同名小説を実写化するもの。無類のギャンブル好きで妻や家族に見捨てられた男・ゴウに“映画の神様”が奇跡をもたらす物語だ。

志村は菅田将暉と2人1役で主人公・ゴウを演じることになっていたが、新型コロナウイルス感染症による肺炎で入院し、今年3月26日に出演を辞退していた。志村と親交が深かった沢田は「志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です」とコメント。沢田が山田洋次監督作品に参加するのは1982年公開の「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」以来となる。

若い頃のゴウを菅田、彼が恋する食堂の娘を永野芽郁、ゴウの妻となる淑子を宮本信子が演じるのは既報の通り。公開日は当初予定されていた2020年12月を見送り、2021年で調整されている。また本日5月16日には、山田組が志村への思いを込めた“メッセージビジュアル”も公開された。

沢田研二 コメント

志村さんの、お気持ちを抱き締め、やり遂げる覚悟です。

井澤健(株式会社イザワオフィス代表取締役社長)コメント

長年親交のあった沢田研二さんがご出演されると聞き、志村けんも大変喜んでいると思います。作品の完成を心待ちにしております。

房俊介プロデューサー コメント

人生のおかしさや哀しみ、夢や挫折を背負い、繊細な狂気をまとった主人公のゴウ。志村さんは、この役を演じる事をとても楽しみにしておられました。残念でなりません。心からご冥福をお祈り致します。兼ねてから志村さんと縁が深い沢田研二さんは、誰よりも志村さんの想いを抱きしめ、取り組んでいただけると思います。かつて「男はつらいよ」でご一緒した山田監督は「志村さんとは違うゴウちゃん。沢田研二さんならば、別なゴウちゃんの魅力を引き出してくれると確信しています」と仰っております。周りを包み込む暖かい色気、唯一無二の感性を持ち合わせた沢田研二さんと、新たな「キネマの神様」を描いていきたいと思います。

この記事の画像(全2件)

関連記事

志村けんのほかの記事

リンク

(c)2021「キネマの神様」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 志村けん / 沢田研二 / 山田洋次 / キネマの神様 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。