お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

「思い切ってチャレンジ」ジャルジャル後藤が木下半太の“半自伝的”映画で主演

772

ジャルジャル後藤が木下半太の長編映画監督デビュー作品「ロックンロール・ストリップ」で主演を務めることがわかった。

「ロックンロール・ストリップ」は、作家や俳優として活動し、劇団「渋谷ニコルソンズ」「なにわニコルソンズ」も主宰している木下の“半自伝的青春小説”を実写化するもの。映画監督を目指す25歳・木村勇太が大阪のストリップ劇場で前座をしてほしいと頼まれ、劇場を満員にするために仲間たちと奮闘する。

後藤は今回のオファーについて「かなりのプレッシャーがありましたが、監督の下積み時代の話が、僕の下積み時代の話とかなり重なる部分があったので思い切ってチャレンジさせてもらいました」とコメント。また撮影中の様子を「『映画監督になりたいんです』というセリフがあったのですが、それを実際に映画監督になった監督が撮影しているという状況に鳥肌が立ちました。目をキラキラさせて撮影している監督に引っ張られるように、出演者もスタッフさんも全員目がキラキラしていました」と振り返った。

「ロックンロール・ストリップ」は今夏、東京・テアトル新宿や大阪・第七藝術劇場ほか全国で順次公開される予定だ。

ジャルジャル後藤 コメント

監督の自伝的小説の映画化ということでかなりのプレッシャーがありましたが、監督の下積み時代の話が、僕の下積み時代の話とかなり重なる部分があったので思い切ってチャレンジさせてもらいました。「映画監督になりたいんです」というセリフがあったのですが、それを実際に映画監督になった監督が撮影しているという状況に鳥肌が立ちました。目をキラキラさせて撮影している監督に引っ張られるように、出演者もスタッフさんも全員目がキラキラしていました。スクリーンからもそのキラキラは必ず伝わります! そして観ているお客さんの目もキラキラさせることでしょう! まだ何者でもない若者ががむしゃらに夢を追う姿は尊い! みんなに観てほしい!!

木下半太 コメント

25年前、大阪の映画専門学校で講師と喧嘩をした。「お前、映画監督になれると思ってんのか?」その言葉が俺の胸に突き刺さったまま、劇団を立ち上げ、先輩とバーを経営し、なぜか小説家になり、初監督の映画を撮りました。夢を叶えるのに四半世紀。長かったようで、これが一番の近道だったのかもしれません。「ロックンロール・ストリップ」は負け犬が走り続ける青春映画です。今、夢を叶えようともがいてる人たちに観てもらえたら幸せです!

(c)木下半太・小学館/タッチアップエンターテインメント

お笑いナタリーをフォロー