お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ロバート秋山が大正時代に活躍した作詞家・石丸ツワノに、代表作は「もろもろ」

848

本日11月7日に配布開始されたフリーペーパー「honto+」2019年11月号で、ロバート秋山が“童謡詩人”の石丸ツワノなる人物に扮している。

1840年に生まれ、1925年にこの世を去ったツワノは、大正時代に活躍した作詞家として知られる人物。代表曲の「もろもろ」をはじめ、「真っ赤っか」「いぬき」「面倒こいた」「まんまる」「変面」「おどろうカンデロリラ」といった作品を残してきた。

恒例企画「クリエイターズ・ファイル」の最新回では、ツワノが書いた詩の数々を紹介。「詩ぃ書くのに、ミソもクソもない。目の前感じたもんを、心を、書くちゅうこと」と語っていたツワノの世界を味わおう。

「honto+」は“書店、通販、電子書籍のハイブリッド型総合書店”「honto」のオフィシャルマガジン。フリーペーパーとして書店で配布されているほか、電子書籍やhontoのオフィシャルサイトでも公開されている。

お笑いナタリーをフォロー