お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

オリラジ藤森「ドクターX」撮影現場で差し入れ失敗、22時にドーナツを

203

本日10月7日、ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)第6シリーズの記者会見が都内で行われ、キャストの清水ミチコオリエンタルラジオ藤森が出席した。

来週10月17日(木)に新シリーズがスタートする「ドクターX~外科医・大門未知子~」は、米倉涼子演じる“失敗しない”天才フリーランス外科医・大門未知子が病院の権力争いを尻目に独自の道を突き進む姿を描く作品。高額な薬を使った内科治療を患者に勧める営業マンのような内科医・浜地真理を清水が、「医療はビジネス」と割り切ってAIの活用を重視する外科医・村崎公彦を藤森が演じるのは既報の通りだ。

会見では、清水が自身の役どころを「主人公の大門さんと対立する内科医なので、感じが悪い(笑)」と説明。さらに「監督から『今日も感じが悪いね』『嫌な感じがよく出てる自然な芝居だ』と言われて困ってます!」と明かしつつ、「がんばって最後まで貫きたい」と意気込んだ。

記者からは「『これだけは失敗しない』と言えることはありますか?」という質問も。これに対して藤森は「ドラマといえば差し入れ。チャラ男として、いろんな女性にプレゼントを渡してきたので、差し入れだけは失敗しない男になりたい。先日も米倉さんに差し入れをさせていただいて喜んでもらいました」と胸を張って回答するが、米倉は「最初の差し入れ、覚えてますか……?」と異議ありげにコメント。藤森は少し考え込んだ後、ハッとした様子で「あ、最初だけ大失敗しました! 夜の22時にドーナツを差し入れてしまいました!」と白状して一同の笑いを誘っていた。

なお本日の会見にはキャストの内田有紀、勝村政信、鈴木浩介、武田真治、今田美桜、戸塚純貴、河北麻友子、川瀬莉子、岸部一徳、遠藤憲一、脚本を手がけた中園ミホも登壇している。

お笑いナタリーをフォロー