ナイナイ矢部「鳥人間」新MCに、アインシュタインやパンサー向井も熱戦見守る

270

ナインティナイン矢部が「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト」の新MCに就任した。

「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019」の出演者たち。(c)読売テレビ

「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019」の出演者たち。(c)読売テレビ

大きなサイズで見る(全9件)

自作の人力飛行機による飛行距離および飛行時間を競う「鳥人間コンテスト」。一昨日7月27日と翌28日に実施された第42回大会では「滑空機部門」に17機、「人力プロペラ機部門」に15機がエントリーし、熱戦を繰り広げた。矢部が「感動もありましたし、新記録もありました」「欲張りな年ですね」と語った大会の模様は来月8月28日(水)に放送される。

「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019」のワンシーン。(c)読売テレビ

「Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019」のワンシーン。(c)読売テレビ[拡大]

今大会ではパンサー向井が秋元真夏(乃木坂46)と共に滑空のスタート地点などの様子をレポート。前回までは南海キャンディーズ山里が担っていた役割であることから、向井は「あと何年かしたら素敵な人と結婚できるんだなって。そこをしっかり、何年もやっていきたいなと思いました」とコメントする。またアインシュタイン、滝沢カレン、武井壮といった面々も大会を見守ったので彼らのコメントやリアクションもあわせて楽しもう。

ナインティナイン矢部 コメント

テレビで観てましたが、実際に現場で体感したら思ったより体力系で過酷で迫力がありました。感動もありましたし、新記録もありましたし、この先何かいいことがありそうな人たちもいはりましたし。そういう意味では欲張りな年ですね。すごく盛り上がりました。

パンサー向井 コメント

初めてプラットホームを担当させていただいたんですけど、すべての喜び、楽しさ、悔しさ、悲しみがぎゅっと詰まっていて。それを、間近で見られたので、本当にいい番組だなって。もともとは、山里さんがやっていたポジションだったということで、あと何年かしたら素敵な人と結婚できるんだなって。そこをしっかり、何年もやっていきたいなと思いました。

この記事の画像(全9件)

Iwataniスペシャル 鳥人間コンテスト2019

読売テレビ・日本テレビ系 2019年8月28日(水)19:00~
<出演者>
ナインティナイン矢部 / 羽鳥慎一 / 紫吹淳 / 滝沢カレン / 武井壮 / 真壁刀義 / アインシュタイン
プラットホーム:パンサー向井 / 秋元真夏(乃木坂46)
ボートリポート:荻原次晴
解説:鈴木正人
大会アナウンス:中矢由紀

全文を表示

ナインティナインのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ナインティナイン / アインシュタイン / パンサー の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。