お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

令和喜多みな実が吉田たち&アキナと襲名披露、河野「ずっと脚が震えてました」

1374

令和喜多みな実

令和喜多みな実

昨日5月1日、プリマ旦那から改名した令和喜多みな実が大阪・なんばグランド花月で「プリマ旦那改メ『令和喜多みな実』襲名披露公演」を行った。

公演には令和喜多みな実のほか、彼らと交流が深い先輩である吉田たちアキナが紋付羽織袴をまとって登場。まずは吉田たち・ゆうへいが口上も兼ねて、令和喜多みな実との思い出を語ることに。ここでは酔った河野が先輩・ヘンダーソン中村に「“いちもつ”に一味唐辛子をかけさせてください」と懇願したという謎のエピソードに爆笑が起こる。その上で、ゆうへいは「のむちゃん(野村)は今まで以上にその才能を漫才やお芝居、落語に生かしてほしい。河野は引き続き一味を令和に持っていっていただけたら。プリマ旦那、今までありがとうございました。そして令和喜多みな実、これからよろしくお願いします」と述べた。

吉田たち・こうへいとアキナもそれぞれ印象的なエピソードを披露。最後のアキナ山名は令和喜多みな実への改名について「改名をすると『あいつら迷走してるんちゃうんか』というくだらない意見も出てくる。でも当の本人らは明るいところへと走っていると思う」と熱く語ったあと、「のむちゃんには1つだけ忠告がある。深夜のツイートをもう少しマイルドにしてほしい。心配になっちゃうんで」と付け加えて一同の笑いを誘った。その後、令和喜多みな実は改名後初の漫才を披露。約60分ノンストップで会場を湧かせ続けた。

終演後の囲み取材で、河野は「ゴールデンウィーク中の令和初日という大事なときに、なんばグランド花月で襲名披露公演をさせてもらったことがめちゃくちゃありがたい。正直ずっと緊張で脚が震えてました」とコメント。立ち見が出るほどたくさんのファンが駆けつけたことにも触れ、「6年前に単独ライブをやったときは埋まらなかったので、とてもうれしかったです」と公演の盛況ぶりを喜ぶ。一方、野村は「今回の改名も『これでテレビに出てやるんだ』というスケベ心は一切なく、歳を重ねてもこの上方の地で漫才がしたいという覚悟で付けたもの。今日の公演でその思いはますます強くなりました」と、漫才師としての自覚をより一層強めた様子だった。

※記事初出時、本文に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

お笑いナタリーをフォロー