お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

板尾創路「いだてん」で厳格な父親役、女子スポーツで頭角現す娘と対立

84

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK総合)に板尾創路が出演することが本日3月5日に発表された。

日本人としてオリンピックに初参加した金栗四三(中村勘九郎)と1964年の東京オリンピックを誘致した田畑政治(阿部サダヲ)の人生を描く「いだてん~東京オリムピック噺~」。板尾は、村田富江(黒島結菜)の父親・村田大作を演じる。富江は四三が教える学校の生徒でテニスや陸上競技で頭角を現し、運動会のアイドル的な存在になるが、そのことで厳格な父・大作を怒らせることに。

大作は東京・浅草の開業医で昔気質の頑固者。「女性はおしとやかに育ち、良家に嫁ぐことが幸せ」と信じている。富江が足をさらけ出して走り、世間の好奇の目にさらされることがどうしても許せず、四三の辞職や運動部の解散を求める署名運動を起こす。そんな大作に反発し、ある日、富江は教室に立てこもるのだが……。

いだてん~東京オリムピック噺~

NHK総合 毎週日曜20:00~

お笑いナタリーをフォロー