お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

春風亭昇太、いつも笑顔だが裏のある弁護士役

165

「日曜劇場『グッドワイフ』」に出演する春風亭昇太。

「日曜劇場『グッドワイフ』」に出演する春風亭昇太。

連続ドラマ「日曜劇場『グッドワイフ』」(TBS・MBS系)の2月17日(日)放送回(第6話)に、春風亭昇太が車椅子に乗った弁護士、三栗谷剛(みくりやたけし)役でゲスト出演する。

「グッドワイフ」は常盤貴子主演のリーガルヒューマンエンタテインメント。三栗谷は脳梗塞の後遺症で車椅子を使用し、弁護活動を行っているという設定の役柄だ。いつもは笑顔だが、裏ではその立場を巧みに利用して汚いやり方も厭わない。三栗谷を「得体の知れない人」と評する昇太がどんな演技を見せるのか注目を。

春風亭昇太 コメント

──三栗谷の役どころについて。

得体の知れない人ですね。いろんな顔があって、その時その時で全然違う人なんだろうな、と思います。家に帰ったら意外とすごくいい人かもしれないですし。まだまだ裏がある、そんな感じのする不思議な人ですね。

──杏子(常盤貴子)たちの強烈なライバルとなりますが、役についてプロデューサーや監督とはどのような話をしましたか?

裏がある人、というお話をしました。今やっているやり取りが最終形態なのか、そうじゃないのかわからない……。三栗谷は心の内が見えないので、裏の裏まで考えてやらないといけないと話しています。

──「下町ロケット」「小さな巨人」に続き、3作目のTBS「日曜劇場」登場については。

大概、TBSに呼んでもらうと感じ悪い人の役が多いんです。なので、いつもそのあとは一旦下がった好感度を上げるために頑張っています(笑)。でも悪い人の役をいただくと、楽しいですね。

──視聴者の注目ポイントは。

言ってみたら、三栗谷は車椅子であることを最大の武器にしている人なんです。でも車椅子に限らず、人は生きていく上でいろんなものを利用しながら暮らしています。会社だったり、先輩だったり、組織だったり……。車椅子の三栗谷が特別なのではなく、いろんな立場の人と共通していると思うんです。ですから、観ている方には三栗谷気分になって観てほしいですね。

日曜劇場「グッドワイフ」

TBS・MBS系 2019年2月17日(日)21:00~21:54

お笑いナタリーをフォロー