お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

和牛の公開番組に霜降り&ジャルジャル飛び入り、電話越しに後藤が「ゼンチン!」

1719

和牛、霜降り明星、ジャルジャルの最終決戦3組が揃った場面。

和牛、霜降り明星、ジャルジャルの最終決戦3組が揃った場面。

本日12月3日、dTVチャンネルの「ひかりTVチャンネル+」で生配信される公開トーク番組「シブオビ」がスタートした。初回MCを和牛が務め、ゲストとして「M-1グランプリ2018」王者の霜降り明星も登場。ジャルジャルとの電話中継も行われ、最終決戦3組が揃う場面があった。

「シブオビ」は人気芸人が日替わりでMCを担当し、オーディションによって選ばれた10代の女性たち“ウダガール”と共に月曜から金曜まで渋谷に関連する情報を発信するバラエティ。11月10日にオープンした新劇場・ヨシモト∞ドームのステージで展開され、毎週月曜から金曜まで生配信される。

和牛はピースしながら元気よく登場。水田は「2位のサイン」だとさっそく昨日12月2日に開催された「M-1グランプリ」決勝の結果を笑いに変える。さらにウダガールに対して「俺らはドウボーイ。宇田川じゃなくて道具屋筋の」と自己紹介。さっそく「M-1」の話題になると、ノリのいいウダガールたちに「アルー?」と振られ、慌ててジャルジャルのネタのように「ゼンチン!」と応えた川西は「俺、この番組苦手や!」とお手上げの様子だった。

「渋谷」をテーマにトークを繰り広げ、番組も後半に差し掛かった頃、霜降り明星をステージに迎えることに。霜降り明星は「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)への出演を終えてきたところだといい、軽くスベって「グッディ」ならぬ「バッディ」だったと笑う。ほかの番組でも「コンビ名の由来」「なぜネクタイを黄色で揃えているのか」「優勝賞金1000万円の使い道」といった、いわゆる大喜利的な質問に骨を折っているそうで、「もう3つスベりました」と王者ならではの苦悩を明かした。

東京・ルミネtheよしもとの楽屋にいるジャルジャルとの電話がつながり、川西が「最終決戦の3組が揃いましたよ!」と述べると会場は大盛り上がり。しかしジャルジャルは「ジャルジャルだけ薄まってない?」(福徳)、「なんで2組でそんなことすんの?」(後藤)と出演方法に不満げだ。そこへ、ウダガールがここぞとばかりに「アル!?」と投げかけると、後藤がすかさず「ゼンチン!」と対応。本家ならではの素早さに拍手喝采が巻き起こる。

後藤が「今日はルミネ出番が4回あって、ほんで4本とも違うコントしてるわ」と語ると再び拍手が。観客の期待もある中であえて漫才を披露しない2人に、川西は「そういうとこジャルジャルさんやなあ(笑)」と感心してしまう。ルミネ出番のあともラジオ収録がある2人に「忙しい」という声が上がったが、福徳は「でも優勝したとき用にスケジュール空けてて、明日と明後日2連休いただきます」と告白して和ませた。また、「M-1」裏話として後藤から「打ち上げからすぐに帰った福徳も相当変な奴やなと思いつつ、一番変な奴やったんは打ち上げのあと、ミュージシャン仲間との打ち上げに行った(ギャロップ)毛利さん」というエピソードが語られると会場は笑いに包まれた。

終了後、3組が揃った感想を和牛に尋ねると、「昨日の人やん!ってなりました」(水田)、「興奮してしまいましたね。お疲れさまでした!って」(川西)と再共演を楽しんだ様子の2人。「M-1」に関して水田は「終わりたてすぎてまだ言葉を用意できていない」といい、川西も「見てもらいたいネタを2本、いい状態でできた。で、結果がついてこなかったんやなっていう事実があって、あとのことはまだわからないですね」と話す。番組については「10代の子に振り回されたり戸惑ったりした場面もあったけど、それを通して今の若者はこうですよって発信する番組なのかなと思います」と川西。「渋谷」がテーマの番組だが、「ハチ公、∞ホール。だけですね」と渋谷には馴染みがなく「ウダガールのみんなに魅力を教えてもらいたい」と期待した。

明日12月4日(火)のMCはダイタクが担当。なお番組では観覧希望者やウダガールの新メンバーを募集している。

ひかりTVチャンネル+「シブオビ」

毎週月曜~金曜16:00~17:00

初週MC

12月4日(火)ダイタク
12月5日(水)ジャングルポケット
12月6日(木)フルーツポンチ横澤夏子
12月7日(金)ゆにばーす

お笑いナタリーをフォロー