お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

自称ゲスの極み乙女。育てた男・剣持信也がコヤソニに登場「絵音に耳ちぎられた」

404

ゲスの極み乙女。と彼らの統括マネージャーを自称する剣持信也氏(右から2人)。

ゲスの極み乙女。と彼らの統括マネージャーを自称する剣持信也氏(右から2人)。

大阪・インテックス大阪にて開催中の「KOYABU SONIC 2018」。本日9月17日、ロバート秋山がゲスの極み乙女。の自称マネージャー・剣持信也としてステージに登場した。

ゲスの極み乙女。のパフォーマンス後、「ちょっとごめんよ、小籔くん」と言いながら姿を現した剣持氏。「出る側の人間じゃないんだけどね」と恐縮しつつ、「今の順番(=セットリスト)合ってたか?」とゲスの極み乙女。のメンバーに問う。「俺の指示通りにやれよな?」と彼らを注意し、本編では披露されなかった「私以外私じゃないの」を演奏させてファンを喜ばせた。

かつて長崎でボーカルの川谷絵音を発掘した張本人であり、ゲスの極み乙女。を育てた男だとうそぶく剣持氏は、「当時の絵音は手のつけようがなかった。野犬と一緒にいてさ。噛み付いてきて7針縫ったんだから。左耳だって、今はもう許したけどこれ偽物だぜ? 引きちぎられちゃって(笑)」と若き頃の川谷の狂犬ぶりを振り返ってみせる。これにメンバーは乗っかり、「剣持さんについてきてよかった」「紅白に出られたのも剣持さんのおかげ」と感謝。川谷は「『私以外私じゃないの』は剣持さんの鼻歌からできたんです」とアドリブを利かせて会場を笑わせる。

上機嫌な剣持氏はドラムのほな・いこかを「結局そうしょか」から改名させた、キーボードのちゃんMARIを「ちゃん・リン・シャン」から改名させた、ベースの休日課長は同期のマネージャーで本当に課長だったが自分の一声でバンドに参加させた、などの疑わしい情報を並べ、自身の敏腕さをアピール。さらに、控え目に演奏しなくてはいけない「ヒカソニ」、会場にうっすら湯が張ってある「アシソニ(足湯ソニック)」、演者も客も親戚しか入場できない「親戚ロックフェス」などを控えているというバンドの多忙さも誇らしげに明かした。

その後の囲み取材に応じた剣持氏は、ゲスの極み乙女。の魅力を「僕らの年代が聴いてもメロディアスで、つい口ずさんじゃうんだよな。知らない間に歌ってて、『あ、これあいつらの曲だ!』ってなるんだよ」と語る。今日のパフォーマンスにも満足そうだったが、唯一「プラグの数」が気になった様子。小籔が「来年はタコ足用意しておきます」と言うと、「そう! それでいい」と納得していた。

お笑いナタリーをフォロー