お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ビートたけしが漫才ブーム前夜を描く新作小説「キャバレー」実在の芸人も登場

146

ビートたけしの新作小説「キャバレー」が、本日8月22日発売の小説誌「オール讀物」(文藝春秋)2018年9月号に掲載されている。

「キャバレー」は、漫才ブーム前夜の1970年代を舞台に、若き日のツービートら芸人の成長を描く物語。綾小路きみまろケーシー高峰といった実在の人物が登場しており、たけしは当時の出来事を思い出すために、きみまろ本人への取材も実施した。作品にはたけしが描いたイラストも挿入されるので、そちらにも注目を。

お笑いナタリーをフォロー