お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ピース又吉「観ながら妄想して」劇場版「海辺の週刊大衆」公開初日

165

映画「海辺の週刊大衆」の初日舞台挨拶に登壇した(左から)しずる村上、高橋努、渋谷凪咲、ピース又吉、せきしろ、太田勇監督。

映画「海辺の週刊大衆」の初日舞台挨拶に登壇した(左から)しずる村上、高橋努、渋谷凪咲、ピース又吉、せきしろ、太田勇監督。

ピース又吉が主演を務める映画「海辺の週刊大衆」の初日舞台挨拶が本日4月14日に東京・シネ・リーブル池袋にて行われ、又吉や原作者のせきしろが登壇し、キャストのしずる村上がMCを務めた。

この作品は、せきしろの著書「海辺の週刊大衆」(双葉社)の映画化。無人島に取り残された男が砂浜にあった週刊誌「週刊大衆」1冊と共に救助の船を待つさまが描かれている。監督は「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京)などを手がけるテレビ東京のディレクター・太田勇氏、脚本はヨーロッパ企画の上田誠が担当した。太田監督や出演者の渋谷凪咲(NMB48)、高橋努も本日の舞台挨拶に登場している。

もともと原作ファンだったという又吉は「映像化するときに関われるなら関わりたい。でも芝居経験がほとんどないから果たしてできるのか」と思っていたそう。完成した作品については「面白かったです。原作が好きだったので、その感じを出せたらいいなと思いながら演じました」と満足そうに笑う。また「リラックスして観ていただいたほうがいい。主人公がいろいろ妄想したりするんですけど、皆さんも観ながら妄想してくれるとうれしいです」とこれから作品を楽しむファンへ呼びかけた。

せきしろは、旧知の仲である又吉の演技を「『北斗の拳』のラオウとトキで言えばトキ。『闇金ウシジマくん』で言えば加納」とマンガに例えて語る。そのほか「静かな感じの映画。こんなに僕の思い描いていたものができるのかと。ビックリしました」と感想を述べた。

(c)2017吉本興業 (c)せきしろ『海辺の週刊大衆』双葉社

お笑いナタリーをフォロー