お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ゆりやんボケ放題、リュック・ベッソン「彼女は本物のエイリアンなのか?」

182

ゆりやんレトリィバァ(左)を見つめるリュック・ベッソン(右)。

ゆりやんレトリィバァ(左)を見つめるリュック・ベッソン(右)。

昨日3月13日、映画「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」のジャパンプレミアが東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われ、 ゆりやんレトリィバァが出席した。

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」は、銀河を守る任務に就いたヴァレリアンとローレリーヌの物語。あらゆる生命が共存する宇宙ステーション“千の惑星の都市”に訪れた危機を救うべく、ヴァレリアンらが冒険を繰り広げる。リアーナ演じる宇宙人・バブルの日本語吹き替えをゆりやんが担当するのは既報の通り。ジャパンプレミアには同じく声優キャストのTHE ALFEE、監督のリュック・ベッソンも登場している。

リアーナを意識したセクシーな衣装で現れたゆりやんは「サンキューベリーマッチ! アイアムジャパニーズセックスシンボル! 調子乗っちゃって!」と挨拶。ベッソンが「日本の方にとってはセックスシンボルなの?」と尋ねると客席からは拍手が起こったが、なぜかゆりやん自ら「嘘つけー!」と観客を一喝した。

また、ゆりやんは次回作に出演させてほしいとベッソンに懇願。「ぴったりくる役があればね。ゴージャスなブロンドのキャラクターならもしかしたら……」と好感触だったが、すかさず「ごめんなさい!」と断ってベッソンを翻弄してみせた。

イベントでは、実在する星のネーミングライツ(命名権)をベッソンが声優キャストにプレゼントするひと幕も。ここでは、ゆりやんが「落ち着いていきやー!」ならぬ「ヴァレついていきやー!」という星の名前を提案。理解不能なボケを連発する彼女に、ベッソンは「(ゆりやんは)本物のエイリアンなのか?」と苦笑いを浮かべていた。

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」は3月30日(金)に全国公開される。

(c)2017 VALERIAN S.A.S. - TF1 FILMS PRODUCTION

お笑いナタリーをフォロー