お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

全国ジジイ選抜の選手になったよう、木梨憲武「いぬやしき」主演に子供も驚き

176

「いぬやしき」新宿プレミアムイベントの様子。左から三吉彩花、本郷奏多、木梨憲武、佐藤健、二階堂ふみ、佐藤信介。

「いぬやしき」新宿プレミアムイベントの様子。左から三吉彩花、本郷奏多、木梨憲武、佐藤健、二階堂ふみ、佐藤信介。

木梨憲武が昨日3月11日、東京・新宿シネシティ広場で開催された映画「いぬやしき」の新宿プレミアムイベントに出席した。

奥浩哉の同名マンガをもとにした本作は、うだつの上がらない定年間際のサラリーマン・犬屋敷壱郎と殺人を繰り返す高校生・獅子神皓の衝突を描いたもの。木梨が犬屋敷を演じ、16年ぶりに映画主演を果たしている。

機械の体になった犬屋敷と獅子神が新宿上空を飛行しながらの激しいバトルを繰り広げる本作。イベント冒頭で上映された映像には同じように木梨が空を飛んで会場へ向かう姿が収められ、映像が終わるとセット上部から木梨が飛び上がってきた。木梨は「ジジイの役をやりました、ジジイでございます」と挨拶。「(オファーを受ける前は)マンガを読んでいなくて、子供たちが『嘘でしょ、パパ』って驚いていました」と家族の反応を明かし、「犬屋敷さんは50代後半。この年代でよかった。全国のジジイ選抜の選手になったような気分です」と語った。

また「特殊メイクでしわやシミを作ってもらっていたのですが、帰るときにメイクを取ると疲れで同じ顔になっていたんです。大して変わりがなくて……」と撮影中を振り返って苦笑い。そんな木梨に、獅子神役の佐藤健が「ものすごくナチュラルでびっくりした。何十年も俳優として生きてきた方のような佇まいで、モーガン・フリーマンかと思いました」と賞賛すると、木梨は「あとで5000円あげる!」と喜んでいた。

「いぬやしき」は4月20日(金)より全国ロードショー。

※記事初出時より、本文を変更しました。

(c)2018映画「いぬやしき」製作委員会 (c)奥浩哉/講談社

お笑いナタリーをフォロー