お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「有吉の壁」第9弾はアルピーの出番多め、取材中の吉報に平子静かに興奮

1542

上段左からパンサー尾形、脳みそ夫、友近、アルコ&ピース。下段左からパンサー菅、パンサー向井、タイムマシーン3号。

上段左からパンサー尾形、脳みそ夫、友近、アルコ&ピース。下段左からパンサー菅、パンサー向井、タイムマシーン3号。

有吉弘行がMCを務めるバラエティ特番「有吉の壁」(日本テレビ系)の第9弾が明日12月29日(金)に放送される。先日、同番組の取材会が都内で実施され、出演者のパンサーアルコ&ピースタイムマシーン3号友近脳みそ夫が出席した。

お笑いに関するさまざまな能力が試される「有吉の壁」は、芸人たちを精神的に追い詰める番組のようで、タイムマシーン3号・山本は「『有吉の壁』からのオファーのことを我々は赤紙と呼んでいる。今回も命からがら逃げ帰ってきた感じ。竹槍すらも支給されないので裸一貫で立ち向かっていくだけ」と語る。相方・関も「嫁と仲良くなります。ステージごとに嫁に『1個終わったよ』『あともう少しで帰れるからね』って電話します」と明かし、パンサー菅は「本当につらい。絞りカスみたいになる」とボソリとつぶやいた。

芸人たちがひたすら体を張るのも「有吉の壁」の特徴。パンサー向井は「友近さんが“爆破PK”に挑戦したのが印象に残っている。『そういう仕事、友近さんに入れるんだ!?』っていう」とコメントするが、友近本人は「逆に、みんながそうやって驚いてるのにビックリしてる。オファーが来ないだけで、わちゃわちゃするのは全然好き」と意外にも収録を楽しめたようだった。

今回は初の試みとして「若手予選会」が実施され、脳みそ夫、ガンバレルーヤ、Aマッソ、すゑひろがりず、パーパーの5組が本戦の出場権を勝ち取った。この代表として取材会に参加した脳みそ夫は「憧れの番組に出させてもらってうれしかったんだーい」「掴んだぜチャーンス。みんなに届けるハピネース」と喜びをアピール。また「ロッチ中岡さんがムードメーカーになっていて、楽屋でお弁当配ってたんですけど、スタッフさんのお弁当だったらしく注意されてました」と舞台裏でのエピソードも明かしている。

初登場の若手が多数参戦する一方、とにかく明るい安村の連続出演記録は今回で途絶え、皆勤賞はパンサーとあばれる君のみとなった。安村の不在についてパンサー向井は「常連メンバーの間に激震が走りました。初回のMVPで『有吉の壁』の立役者みたいな方なので」とコメント。アルコ&ピース平子もこの出来事を「ワールドカップでカズが外されたのと同じ衝撃」と表現する。

前回、オンエアでほとんど出番がなかったという平子は不安そうな表情で「アルコ&ピースは映るのだろうか。1回使われたら御の字。2回使われて“極み”。3回使われて“天空”」と語るが、取材に立ち会っていた番組スタッフからは「今回いっぱい使われてます」と思わぬ報告が。この吉報にアルピー酒井は「マジ!? きたぜ! この結果報告ヤバー! 告知しまくろう!」と大はしゃぎ。平子も「……僕、今静かですけどめちゃくちゃ興奮してます」と喜びを噛み締め、周囲からは「いいなー!」と羨ましがられていた。

最後は、パンサー尾形が「やっぱりですね、僕らだって壁になりたいわけですよ! 尾形の壁、平子の壁、菅の壁! いつかはなってやるぞっていう気持ちでやってるんで!」と改めて意気込み。視聴者に向けて「芸人の生き様をしかとご覧あれ! これを観て芸人になる人が増えたらいいです!」と呼びかけて、取材会を締めくくった。

エンタの神様&有吉の壁 年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP

日本テレビ系 2017年12月29日(金)19:00~23:24
<「有吉の壁」出演者>
MC:有吉弘行 / 佐藤栞里
先輩枠:友近 / 大久保佳代子 / ハライチ澤部 / 平成ノブシコブシ吉村 / ロッチ中岡 / 小島よしお / 森三中・大島 / 森三中・黒沢 / 千鳥 / 椿鬼奴 / オードリー春日 / 麒麟・川島
挑戦者枠:あばれる君 / アルコ&ピース / さらば青春の光 / サンシャイン池崎 / 三四郎 / タイムマシーン3号 / チョコレートプラネット / トレンディエンジェル / にゃんこスター / パンサー / 平野ノラ / メイプル超合金 / ジャングルポケット / 脳みそ夫 / ガンバレルーヤ / Aマッソ / すゑひろがりず / パーパー

お笑いナタリーをフォロー